【紀ノ国屋】リバティプリントのエコバッグ&キッチン雑貨が登場! 上品なプリント柄がかわいすぎる

紀ノ国屋から、イギリス・リバティ社のリバティプリントを使用したオリジナルエコバッグとキッチン雑貨が、2月15日より一部店舗に登場します。公式オンラインストアでは先行販売中です。(サムネイル画像出典:プレスリリース)

リバティプリントを使用したオリジナルエコバッグが登場
リバティプリントを使用したオリジナルエコバッグが登場(画像出典:プレスリリース)
紀ノ国屋から、イギリス・リバティ社のリバティプリントを使用したオリジナルエコバッグ4種とエプロン&ミトンセットが、2月15日より一部店舗に登場。公式オンラインストアでは先行販売中です。

かわいい2種類のリバティプリント

創業1875年のイギリスの老舗百貨店・リバティ社が製作、販売する生地『リバティ・ファブリックス』。『リバティプリント』と呼ばれる華やかで上品さを演出してくれるプリント柄は、古くから歴史と伝統があり、今も多くの人に愛され続けています。今回のオリジナルエコバッグとキッチン雑貨には、2種類の柄がそれぞれ使用されています。

Love Lily (ラブ・リリー)
睡蓮の葉、ブル・ラッシュ(イグサの一種)などの水辺に生息している野生植物の要素からインスピレーションを受けた、現代的な「スタイル・リバティ」。反射鏡のように柄が繰り返されています。

Sophie's Blossom (ソフィーズ・ブロッサム)
12歳のブリジット・ケアリー(Brigit Carey)により作成された柄で、1つ1つの特別な花が、1人1人の特別な友達を表しています。この柄はブリジットの1番の親友の名前からとってソフィーと名付けられました。

エコバッグは全部で4種類!

■ リバティプリント ランチ保冷バッグ(ネイビー/ライトグレー)
リバティプリント ランチ保冷バッグ(ネイビー/ライトグレー)
リバティプリント ランチ保冷バッグ(ネイビー/ライトグレー)
『ソフィーズ・ブロッサム』を使用した『リバティプリント ランチ保冷バッグ』(税込3300円)は、約タテ22×ヨコ20×マチ14.5センチ。小さめサイズなので、バッグインバッグもできちゃいます。お弁当を入れて、お花見に持ち出したくなるようなかわいいデザインです。色は、ネイビーとライトグレーの2色。

■ リバティプリント まとまるバッグ(ライトグリーン/ネイビー)
リバティプリント まとまるバッグ(ライトグリーン/ネイビー)
リバティプリント まとまるバッグ(ライトグリーン/ネイビー)
『ソフィーズ・ブロッサム』を使用した『リバティプリント まとまるバッグ』(税込2750円)は、付属のゴムで、まとめることができるバッグです。約タテ39×ヨコ45×マチ8センチと大きめなので、お買い物やちょっとしたおでかけにおすすめです。色はライトグリーンとネイビーの2色。

■ リバティプリント コットントート(ナチュラル/ライトグレー)
リバティプリント コットントート(ナチュラル/ライトグレー)
リバティプリント コットントート(ナチュラル/ライトグレー)
『ラブ・リリー』を使用した『リバティプリント コットントート』(税込3850円)は、コットン生地と刺しゅうがかわいい、日常使いにぴったりのトートバッグです。大きさは、約タテ24×ヨコ24.5×マチ12.5センチ、ナチュラルとライトグレーの2色展開です。

■ リバティプリント バッグ&ポシェットセット(ライトブルー/グレー)
リバティプリント バッグ&ポシェットセット(ライトブルー/グレー)
リバティプリント バッグ&ポシェットセット(ライトブルー/グレー)
『ラブ・リリー』を使用した『リバティプリント バッグ&ポシェットセット』(税込5500円)は、バッグとポシェットのセットで、ライトブルーとグレーの2色展開です。ポシェットの内側にはマグネットがついています。おそろいデザインで一緒に持ち運びたくなってしまいますね。大きさは、バッグが約タテ36×ヨコ38×マチ13センチ、ポシェットが約タテ16×ヨコ26×マチ5センチです。
次ページ
オンラインストアで先行販売中! 一部品切れも
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『キングダム 大将軍の帰還』は大沢たかおがMVP。それでも、さすがに気になる“テンポの鈍重さ”

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も