「かわいさ反則級」コスプレイヤー・うりん、太ももあらわな“デビルポリス”姿に「捕まえられてもちょっと嬉しい」

コスプレイヤーのうりんさんが、美脚あらわなコスプレ姿を披露しました。(サムネイル画像出典:うりんさんInstagramより)

コスプレイヤーのうりんさんが2月6日、自身のInstagramを更新。美脚が強調されたセクシーショットを公開しました。
 

【実際の投稿:うりん、“デビルポリス”コスプレを披露】

膝上網タイツで太ももあらわに

うりんさんは「デビルポリス」などとつづり、1枚の写真を公開。白い制帽をかぶり、デビルを象徴するコウモリの羽のような“耳”も着けています。ソファに座り膝を抱えた姿で、手には黒い手袋、膝上までの網タイツを履いて足をクロスさせており、太もももあらわに。うりんさんはなまめかしい表情でカメラに視線を送っており、より色気が増しています。
 

ファンからは、「かわうい」「かわいさ反則級」と称賛の声のほか、「捕まえられてもちょっと嬉しい」「捕まえてほしいです!」と、こんなかわいいデビルポリスなら逮捕されたいなんて声も。

セクシーすぎる鬼も披露!

5日には、節分の鬼にちなんでいるのでしょうか。鬼のコスプレ姿を披露しました。角が付いたカチューシャにトラ柄のコスチュームを着用。胸元あらわな寝そべりポーズで、右手の人差し指を口の下に当てています。うりんさんのInstagramではほかにも、VTuberのコスプレ姿やゲームのキャラクターなど、さまざまな姿に扮(ふん)した姿を発信しています。気になる人は、ぜひチェックを。
 

次ページ
うりんさんのセクシーショットをもっと見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化