「かわいさ反則級」コスプレイヤー・うりん、太ももあらわな“デビルポリス”姿に「捕まえられてもちょっと嬉しい」

コスプレイヤーのうりんさんが、美脚あらわなコスプレ姿を披露しました。(サムネイル画像出典:うりんさんInstagramより)

コスプレイヤーのうりんさんが2月6日、自身のInstagramを更新。美脚が強調されたセクシーショットを公開しました。
 

【実際の投稿:うりん、“デビルポリス”コスプレを披露】

膝上網タイツで太ももあらわに

うりんさんは「デビルポリス」などとつづり、1枚の写真を公開。白い制帽をかぶり、デビルを象徴するコウモリの羽のような“耳”も着けています。ソファに座り膝を抱えた姿で、手には黒い手袋、膝上までの網タイツを履いて足をクロスさせており、太もももあらわに。うりんさんはなまめかしい表情でカメラに視線を送っており、より色気が増しています。
 

ファンからは、「かわうい」「かわいさ反則級」と称賛の声のほか、「捕まえられてもちょっと嬉しい」「捕まえてほしいです!」と、こんなかわいいデビルポリスなら逮捕されたいなんて声も。

セクシーすぎる鬼も披露!

5日には、節分の鬼にちなんでいるのでしょうか。鬼のコスプレ姿を披露しました。角が付いたカチューシャにトラ柄のコスチュームを着用。胸元あらわな寝そべりポーズで、右手の人差し指を口の下に当てています。うりんさんのInstagramではほかにも、VTuberのコスプレ姿やゲームのキャラクターなど、さまざまな姿に扮(ふん)した姿を発信しています。気になる人は、ぜひチェックを。
 

次ページ
うりんさんのセクシーショットをもっと見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない