『不適切にもほどがある!』第3話 本人役・八嶋智人が面白すぎる! 「マジ無双だった」と絶賛の声続出

2月9日に放送されたドラマ『不適切にもほどがある!』第3話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります。(画像出典:TBS『不適切にもほどがある!』公式Webサイト)

阿部サダヲさんが主演するドラマ『不適切にもほどがある!』(TBS系)が絶好調! 2月9日に放送された第3話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。


>前回(第2話)のあらすじはこちら

不適切にもほどがある!
画像出典:TBS『不適切にもほどがある!』公式Webサイト

第3話のあらすじ

うっかり足を滑らせとことで昭和に戻ってきた市郎(阿部サダヲ)は、娘・純子(河合優実)、令和からやって来たサカエ(吉田羊)、キヨシ(坂元愛登)が待つ自宅へ帰宅。純子がバラエティ番組に出演すると言い出し、保護者同伴ということで市郎やサカエもスタジオへ同行することに。

一方、令和では、突然姿を消した市郎を心配する渚(仲里依紗)と秋津(磯村勇斗)が、タイムマシンの開発者・井上昌和(三宅浩城)から開発秘話を聞いていました。井上はキヨシの父親であり、中学時代は市郎の教え子だった人物。過去を改ざんすると未来が変わってしまう“タイムパラドックス”の危険性を語ります。

そんな中、昭和ではバラエティ番組の収録が進行。令和で暮らした市郎にはコンプライアンスの意識が芽生えたのか、エロに特化した番組の内容と娘を守りたい気持ちで葛藤。「皆誰かの娘」というサカエの言葉に納得します。一方、令和では渚が先輩プロデューサー・栗田(山本耕史)の担当番組で起こった司会の6股恋愛スキャンダルに巻き込まれ、ゲストタレント・八嶋智人(本人役)に司会の代理を依頼し、生番組の進行に奮闘。

ネットで炎上しないために“ハラスメント”を気を付けるあまり大混乱する栗田を見た渚は思わず市郎に電話をかけ、市郎は令和に急いで戻ります。何がハラスメントになるかわからず動きにくい、ガイドラインがほしいと声を上げる男性陣に向け、市郎は「皆誰かの娘。娘にやらないことはしない」と導くのでした。

不適切にもほどがある!
画像出典:TBS『不適切にもほどがある!』公式Webサイト

本人役・八嶋智人が無双すぎて大絶賛

昭和では令和と同じ顔をした秋津を見た市郎が動揺。また、キヨシと井上が親友になり、井上がキヨシの父となる人物であることに気づいたサカエが葛藤するシーンが。一方の令和では、心を通わせキスをしそうになった渚と市郎の間にスパークが発生。今後、“タイムパラドックス”が物語展開にどう影響を与えていくのか気になるところです。

X(旧Twitter)では、「タイムパラドックス、いろんなところに絡んできそう」「まさか純子ちゃんとキヨシが結婚?」「ムッチ先輩と秋津くんが謎。ここも何か繋がりそう」「元旦那と息子の仲良しがどう展開されるのか読めない」など、昭和と令和の登場人物たちの関係性を考察するコメントが続出。また、「八嶋智人がおもしろすぎてマジ無双だった」「ただひたすら八嶋さんの株が上がり続ける回だったな笑」など、本人役で出演した八嶋智人さんに絶賛の声が寄せられています。

第4話では、市郎は令和の井上と再会。井上の協力の元、キヨシのスマホを自分名義に変えて大はしゃぎ。しかしその出来事がさらなる問題へと発展していき……。一方、昭和ではキヨシがクラスメイトのイノウエ(中田理智)に告白されたと話し、衝撃を受けるサカエ。さらに純子が二股だと騒ぎ出し――。2つの時代をつなぐ登場人物たちの関係性がどう明かされていくのか期待です。

『不適切にもほどがある!』あらすじバックナンバー

第2話
第1話
 

この記事の筆者:地子給 奈穂
編集・ライター歴17年。マンガ、小説、雑誌等の編集を経てフリーライターに転向後、グルメ、観光、ドラマレビューを中心に取材・執筆の傍ら、飲食企業のWeb戦略コンサルティングも行う。  

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない