【無印良品】駆け込みで買いたい! バレンタインの「ご褒美チョコ」にぴったりなスイーツ3選

衣服雑貨や食品、家具から家電までそろう日用品ブランド・無印良品。季節感あるアイテムがたくさん登場しています。今回は無印良品で購入した、バレンタインシーズンにもおすすめのお菓子をご紹介。

バレンタイン
バレンタインにぴったりのチョコレート菓子3選
衣服雑貨や食品、家具から家電までそろう日用品ブランド・無印良品。食品カテゴリからは、バレンタインらしいチョコレート菓子が登場しています。

焼き菓子にチョコレートをかけたあま~いお菓子は、ギフトはもちろん自分へのご褒美にもおすすめ。

今回は無印良品で購入した、バレンタインにおすすめのお菓子をご紹介します。

「フィナンシェショコラ 3種アソート」(税込650円)

「フィナンシェショコラ 3種アソート」(税込650円)
「フィナンシェショコラ 3種アソート」(税込650円)
まずご紹介するのが「フィナンシェショコラ」のアソート。とにかくかわいらしい見た目でうっとり! それぞれ個包装された、3種類の味わいを楽しめます。
「フィナンシェショコラ 3種アソート」(税込650円)
アーモンドやオレンジピール、ラズベリーがトッピングされた3種類

プレーンフィナンシェにスイートチョコレートをかけてドライオレンジを散らしたものや、ホワイトチョコレートにラズベリートッピングをしたもの、ナッツを乗せたチョコレートフィナンシェにさらにチョコレートがかけられたものまで!

筆者のお気に入りは、ホワイトチョコ✕ラズベリー。バターの風味豊かなフィナンシェと甘いホワイトチョコレート、そしてラズベリーの酸味がよいバランスでした。

トッピングのもつ香ばしさや酸味と、チョコレートとの組み合わせを存分に楽しめるはずです。

「ミルフィーユショコラ 3種アソート」(税込550円)

ミルフィーユショコラ 3種アソート
「ミルフィーユショコラ 3種アソート」(税込550円)
チョコレートでコーティングされた、断面まで美しいサクサクのミルフィーユパイ。こちらも3種類のフレーバーがセットになっています。
「ミルフィーユショコラ 3種アソート」(税込550円)
それぞれ、(奥)キャラメル、(中)ストロベリー、(手前)ヘーゼルナッツのクリームをサンド
ハードめなクリームがパイにサンドされており、食べやすいのも高ポイント。

濃厚なキャラメルクリーム、ほろ苦さも味わえるヘーゼルナッツ、甘酸っぱいストロベリーと、それぞれ違った美味しさを楽しめます。

お子さまがいる食品スタッフからは「子どもと私の好みの味が入っているので、2人で楽しめてうれしいです!」という声も挙がっていました。

「マカロンショコラ プラリネ&ピスタチオ」(税込390円)

マカロンショコラ
「マカロンショコラ プラリネ&ピスタチオ」(税込390円)
筆者の元同期の中でひそかに話題となっていたのが、こちらのマカロンショコラ。さっくりとした食感のマカロンに、本格的な味わいのチョコレートがかけられた商品です。
「マカロンショコラ」(税込390円)
(左)ピスタチオクリーム、​​​​(右)プラリネの2種類を楽しめる
ミルクチョコレートをかけられたピスタチオクリームのマカロンは、洋酒の風味が効いた味わい。断面まで鮮やかなみどり色で、目からも楽しめます。

深いチョコレート色をしたプラリネは、アーモンドとヘーゼルナッツのクリームと外側のパリッとしたビターチョコレートがよいコントラストとなっています。コーヒーともお酒とも合いそうな味わいでした。

今回ご紹介した商品もあてはまりますが、無印良品には個包装のお菓子が多く、ありがたいですよね。仕事や家事などの休憩時間にパクっとつまめるのもうれしいポイント。

ちなみに、ミルフィーユショコラ以外は店頭販売のみなので注意。ぜひ無印良品の店頭でチェックしてみてください。

この記事の筆者:花輪えみ プロフィール
千葉県出身。都内の無印良品3店舗で勤務経験があり、内1店舗では副店長を務める。勤務時は食品や生活雑貨を担当。無印良品のイチオシ商品は「全粒粉ビスケット」。良品計画退職後はライター/編集者として活動し、記名ライター歴8年目を迎える。女性向けサイト編集、兼業ライターを経て現在フリー。趣味は散歩。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化