沢村一樹、“クオリティ高すぎ”雪だるまに反響! 「すごい上手すぎ!」「素敵な御夫婦ですね」

俳優の沢村一樹さんは2月6日、自身のInstagramを更新。クオリティの高い雪だるまを披露し、ファンからは「すごーっ」と称賛の声が多数上がっています。(サムネイル画像出典:沢村一樹さん公式Instagramより)

俳優の沢村一樹さんは2月6日、自身のInstagramを更新。クオリティの高い雪だるまを披露しました。

【実際の投稿:沢村一樹、“クオリティ高すぎ”雪だるまショット!】

「凄く上手でびっくりです」

沢村さんは「こんな雪の中でも荷物を運んで下さる皆様へ感謝の気持ちを込めてカミさんが作った雪だるまを、猫型ロボットに改造してみました」とつづり、1枚の写真を載せています。“猫型ロボット”の雪だるまの写真です。まさに本物!? そっくりで、クオリティの高さが分かります。

コメントでは、「すごーっ」「凄いクオリティー」「素敵な御夫婦ですね」「えっ!奥様も器用なんですね~」「凄く上手でびっくりです」「クオリティ高すぎます」「ええすごい上手すぎ!」と、称賛と驚きの声が多数上がりました。

大雪の“恩恵”で雪だるま

5~6日にかけて大雪となった関東甲信地方。今回作った雪だるまは、その“恩恵”でしょう。「決してどうしようもなく暇だったから作ってみたわけではありません。笑」とつづっていますが、もしかしたら雪のため仕事がキャンセルになった、などの事情があったのでしょうか。今後も雪が降ったときの沢村さんの投稿が楽しみですね!
 
次ページ
沢村さんの普段の投稿も見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化