『さよならマエストロ』第3話 “響”芦田愛菜、謎の過去が思わせぶりすぎ? 視聴者「感情移入しきれず」

1月28日に放送されたドラマ『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』第3話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります。(画像出典:TBS『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』公式Webサイト)

西島秀俊さん、芦田愛菜さんが共演するドラマ『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』(TBS系)。1月28日に放送された第3話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。


>前回(第2話)のあらすじはこちら

さよならマエストロ
画像出典:TBS『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』公式Webサイト

第3話のあらすじ

廃団が決まっているものの新メンバーが加入し、勢いづく晴見フィル。マエストロ・夏目俊平(西島秀俊)の提案で、いつも練習するホールでアットホームな演奏会を開くことにします。ところが、新メンバーでプロレベルのチェリスト・羽野蓮(佐藤緋美)がトランペット担当の森大輝(宮沢氷魚)らの演奏ミスにダメ出しすると、オケ内は不穏な空気に。

「下手くそでごめんね!」と捨てぜりふを吐き練習を途中で抜け出してしまう大輝。クラシック育ちではない大輝でしたが、一方で祖父・小村二朗(西田敏行)が経営する“うたカフェ”では、ポップ音楽に気持ちよくトランペットの音色をのせ、客たちから大人気。その姿と音に感動する俊平。

そんな中、コンサートの開催日にホールが使えなくなる事態に。明らかに市からの圧力だが、伝えに来たのはホール担当の市役所職員で俊平の娘・響(芦田愛菜)。俊平は、伝えにくいことを響に言わせた上司に腹が立つと激怒。響が今ちゃんと幸せか気になるという俊平に、響は猛反論。時間がかかっても音楽と関係ない生き方を見つけようとしてきたのに、なぜ帰ってきたのかと俊平を責め立てます。

娘が1人で自分と向き合ってきた時間を台なしにしているのかもしれないと悩む俊平。しかし、もう音楽からも娘からも逃げないと決意していました。俊平は朝市が開かれている広場でのゲリラ演奏を思いつき、オケのメンバーを集めて実施。ベートーヴェンの「田園」第2楽章をアレンジして大輝と蓮に2人で弾かせ、仲違いを解消に導きます。

その場には、上司から連絡を受けゲリラ演奏を見に行っていた響の姿も。さらに、雨が降り出して急ぎ雨宿りをするどさくさの中、俊平はフランスにいるはずの妻・志帆(石田ゆり子)を見かけます。一方、練習室に置き去りにされていたバイオリンを手にし、弾きあげる響の姿を大輝が目撃して――。

さよならマエストロ
画像出典:TBS『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』公式Webサイト

響の本音が垣間見られるも、いまいち共感しきれず?

どれだけ嫌気がさして離れても、素晴らしい音楽に触れたら最後、どうしようもなく自分の音を奏でたくなる――。5年前にバイオリンを辞めた響の本音が垣間見えた第3話。音楽を通じて父・俊平と和解する未来への兆しなのでしょうか。

X(旧Twitter)では、俊平が指揮するオケの演奏に感動の声が上がる一方、「響が俊平さんに怒っている理由を明かしてくれたら、もっと彼女に感情移入して見られたかもしれないのにな〜」「いずれは語られると思うけど、今はまだ思わせぶりにつっけんどんに『お父さんのせいで!』って言われても共感できない」「ものすごく大人なのに時折すごく子どもになる響ちゃん、心が苦しい」「響がなんで怒ってるのか考察するドラマ?」などのコメントが続出しています。

第4話では、大輝たちに卓越したバイオリンの演奏技術がバレてしまい晴見フィルに誘われる響は、演奏していたことを内緒にしてほしいと懇願。一方、俊平と志帆が偶然鉢合わせし、ついに対面。さらに、俊平を捜す謎の男(満島真之介)が現れ……? 響の過去に何があったのか、そろそろ明かしてほしいところ。新キャラクターも登場し物語がどう展開していくのか注目です。

さよならマエストロ』あらすじバックナンバー

第2話
第1話

この記事の筆者:地子給 奈穂
編集・ライター歴17年。マンガ、小説、雑誌等の編集を経てフリーライターに転向後、グルメ、観光、ドラマレビューを中心に取材・執筆の傍ら、飲食企業のWeb戦略コンサルティングも行う。  

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは