『Eye Love You』第1話 “テオ”役チェ・ジョンヒョプの魅力さく裂で沼オチ必至!「ニヤニヤとまらん」

1月23日に放送スタートしたドラマ『Eye Love You』第1話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります。(画像出典:TBS『Eye Love You』公式Webサイト)

二階堂ふみさんと韓国ライジングスター俳優のチェ・ジョンヒョプさんが共演するドラマ『Eye Love You』(TBS系)が1月23日より放送スタートしました。

ヒロインの相手役に韓国人俳優を迎えるのは民放ゴールデンプライム帯の連続ドラマ史上初となる試み。第1話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

Eye Love You
画像出典:TBS『Eye Love You』公式Webサイト

第1話のあらすじ

環境に配慮したおしゃれでかわいい商品で人気上昇中のチョコレートショップ「Dolce & Chocolat.」の若き社長・本宮侑里(二階堂ふみ)は、過去のある事故以来、目を合わせた人の心が読めてしまうテレパスの能力を持つ30歳。大学時代からの仲間で専務取締役の花岡彰人(中川大志)、腕利きのショコラティエ・池本真尋(山下美月)ら信頼できるスタッフと充実した日々を過ごしつつも、テレパスの能力がネックで恋愛は諦めて生きてきました。

そんな侑里の楽しみはデリバリーで頼むおいしい食事。お気に入りの韓国料理を何度も頼むうちに、配達員のユン・テオ(チェ・ジョンヒョプ)と付箋でメッセージを送り合う仲に。テオの話す言葉は日本語なのに、目を合わせて聞こえる心の声は韓国語のため理解できず。そんな相手に初めて出会った侑里は、戸惑いとともに興味を抱きます。

ある日、雨で自転車がすべり料理を落としてしまったテオは、おなかがすくと怒りモードになる侑里と遭遇。侑里の自宅近くに住むテオは、自身が作ったスンドゥブをスープジャーに入れて届けにやって来ます。おいしい食事と優しさへの感謝を込めてお返しを持って訪れた侑里は、テオに促されるまま彼の部屋で手作り料理を食べることに。天真らんまんなテオに振り回されつつも癒されていく侑里。

侑里がテレパスの能力を得たきっかけは、12年前、父とともにラッコを見に訪れた海で溺れたこと。その事故が原因で父は全身不随に。侑里は父の入院費を稼ぐため、会社とスタッフを守るためにテレパスの力を使うと決意していました。しかし、介護士の心ない声も聞こえてしまい傷つくことも。傷ついた侑里は人と目を合わせることを避けようとするも、テオは無邪気に距離を縮めてきます。

「一緒にごはんを食べましょう。カレーは好きですか? オムライスは好きですか? 僕のことは?」――。恋が始まる予感に戸惑う侑里。さらには、テオがインターンとして侑里の会社で働くと知って……。

Eye Love You
画像出典:TBS『Eye Love You』公式Webサイト

テレパス女子×ワンコ系年下韓国男子の胸きゅん連発ドラマ

テレパスな主人公・侑里と、年下韓国人留学生・テオのもどかしい恋の物語がスタート。テオが絶滅危惧種の研究をする大学院の教授でテオの父親代わりでもある飯山利一(杉本哲太)や、テオの先輩で頼れる兄のような存在の小野田学(清水尋也)、侑里のビジネスパートナー・花岡や会社のスタッフたちが、2人の恋にどう絡み合っていくのか期待が高まりました。

X(旧Twitter)では「テオさん可愛い」「母性本能くすぐられる」「こりゃ沼落ちするわ」「たまらん」「2人とも可愛すぎる!ヤバすぎ!」「テオさんの前だと乙女になるゆりさんを、ふみちゃんが巧く演じてる」「韓ドラ定番のこけて受け止めるのとかあったしハマるかも」「韓国ドラマかって思うくらいキュンキュンするしニヤニヤ止まらんかった」「破壊力ヤバすぎる」などのコメントが殺到し、初回からXのトレンド1位に。

テオがインターン生としてやって来ることに動揺を隠せない侑里。公私混同が嫌いな花岡に関係を勘繰られていないかと気が気ではない一方、侑里との再会を無邪気に喜ぶテオ。侑里は職場では仕事のこと以外で話しかけないよう提案するが……。第2話以降もテオと侑里の胸きゅんシーンがさく裂していくのか注目です。

この記事の筆者:地子給 奈穂
編集・ライター歴17年。マンガ、小説、雑誌等の編集を経てフリーライターに転向後、グルメ、観光、ドラマレビューを中心に取材・執筆の傍ら、飲食企業のWeb戦略コンサルティングも行う。  

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「健診で服脱がされ…」保護者の投稿に、「タダ働き同然なのに」と医師ら反発 背景にPTAにもある理不尽