慶應大卒の才女・白戸ゆめの、ランジェリー姿で豊満な谷間あらわに! 『ヤンジャン』特別付録に登場

漫画誌『週刊ヤングジャンプ』の公式グラビアアカウントが1月25日、Instagramを更新。フリーアナウンサー・白戸ゆめのさんの豊満な谷間があらわになったランジェリー姿を披露しています。(サムネイル画像出典:『週刊ヤングジャンプ』グラビア公式Instagramより)

漫画誌『週刊ヤングジャンプ』(集英社)の公式グラビアアカウントが1月25日、Instagramを更新。フリーアナウンサー・白戸ゆめのさんのランジェリー姿を披露しています。

【実際の投稿:白戸ゆめの、豊満な谷間あらわに!】

「登場するたびに、どんどん人気上昇」

「登場するたびに、どんどん人気上昇&綺麗になっていく白戸ゆめのちゃん」と紹介した公式アカウントは、同日発売のデジタル写真集『Happy Winter Glamping』(集英社)と特別付録に登場している『週刊ヤングジャンプ』8号(集英社)の表紙画像とグラビアショットなどを計7枚アップしています。ランジェリーや水着姿で豊満な谷間があらわになった姿です。

「元気で明るい太陽みたいな #白戸アナ と一緒なら、冬のキャンプもあったか幸せ時間に」とアピールしている公式アカウントには、「待ちに待ったヤンジャンとYJ写真集購入しました」「ゆめのさんのマシュマロボディーに暫く見惚れてました」「どのショットも魅惑」などの声が寄せられました。

慶應大学時代はチアリーダーとしても活動

慶應義塾湘南藤沢中等部・高等部を経て、慶應義塾大学商学部在学時はチアリーダーとしても活動し、現在はフリーアナウンサーとしてはもちろん、バラエティ番組でも活躍中の白戸さん。気になる人は、ぜひチェックしてみてください。
 
次ページ
白戸さんのチアリーディング姿も見てみる!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」