古いトイレと最新型のトイレだと水道代はどれくらい違いますか? 【トイレメーカーに聞いてみた】

古いトイレと最新型のトイレだと、どの程度水道代が異なるのでしょうか。全自動おそうじトイレ「アラウーノ」シリーズを開発しているパナソニックに聞いてみました。

古いトイレと最新型のトイレだと、どの程度水道代が異なる?
古いトイレと最新型のトイレだと、どの程度水道代が異なる?
物価高や値上げが続く現代。毎日使用するトイレも、できる限り節水して水道代を抑えたいですよね。最新のトイレは節水機能に優れているといいますが、古いトイレから最新型のトイレに買い替えた場合、どの程度水道代が抑えられるのでしょうか。

全自動おそうじトイレ「アラウーノ」シリーズを開発しているパナソニックに聞いてみました。
 

(今回の質問)
古いトイレと最新型のトイレだと、水道代はどれくらい違いますか?

(回答)
2006年以降、洗浄水量は6リットル以下のものが主流。4人家族が13リットルのモデルから6リットルのモデルに買い替えれば、年間1万2000円の節約になります。


どういうことなのか、以下で詳しく解説します。

20年間で洗浄水量は半分以下に

1990年代前半まで、大便器の洗浄水量は13リットルが主流でした。これを4人家族での年間使用量に換算すると、およそ7万5920リットルにもなります。しかし、その後徐々にトイレの節水が実現。1997年には10リットル、2000年には8リットル、2006年以降には6リットル以下のものが主流となりました。しかし、現在でも多くの家庭で洗浄水量が13リットルのモデルが使用されていると推測されます。

仮に、洗浄水量が13リットルのモデルを、6リットルのモデルへと買い替えると、節水効果は約60%。これを4人家族の場合で考えると、年間4万5260リットルの節水となります。さらに水道代で考えれば、年間1万2000円の節約となるのです。

間違った節水方法に注意!

水道代を節約するために、さまざまな節水方法を実施している人もいるかもしれません。しかし、中には、故障を招く間違った節水方法もあるので、注意が必要です。

例えば、タンクの中に異物を入れる方法。タンク内に水がたまる量が減り、節水効果があるように感じるかもしれません。しかし、ハンドルのチェーン部分に異物が引っかかって水が止まらなくなってしまったり、陶器自体の破損を招く恐れがあります。

また、洗浄水量を少なく調節することもNG節水方法。場合によっては排水管のつまりを招いてしまい、下水が逆流してしまいます。
 

この記事の回答者:酒井 武之
パナソニック ハウジングソリューションズ 水廻りシステム事業部 商品企画部 部長 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊東純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴