好きな「平成以降の天皇賞(春)優勝馬」ランキング! 2位「キタサンブラック」、1位は?

All About ニュース編集部が全国10~70代の男女396人を対象に実施した「競馬に関するアンケート」から今回は、好きな「平成以降の天皇賞(春)優勝馬」ランキングを紹介します。2位「キタサンブラック」、1位は?(サムネイル画像出典:PIXTA)

好きな「平成以降の天皇賞(春)優勝馬」ランキング、1位は? ※画像はイメージ
好きな「平成以降の天皇賞(春)優勝馬」ランキング、1位は? ※画像はイメージ

All Aboutニュース編集部は2023年6月19日~7月23日の間、全国10~70代の男女396人を対象に「競馬に関するアンケート」を実施しました。本記事では、好きな「平成以降の天皇賞(春)優勝馬」ランキングを紹介します。

>10位までの全ランキング結果を見る

第2位:キタサンブラック(2016年、2017年)50票

2位は、「キタサンブラック」でした!

歌手の北島三郎さんが所有し、普段競馬を知らない人からも大いに注目を集めた競走馬。平成の最強馬「ディープインパクト」の全兄ブラックタイドを父に持ち、G1レース7勝、当時歴代最高の賞金を稼ぐ名馬へと成長しました。天皇賞(春)では、武豊騎手騎乗の1番人気として、2016年・2017年に連覇を達成しています。

自由回答を見ると、「北島三郎の馬だから」(神奈川県/30代女性)や「G1レースに出走していた競走馬でも特に印象に残っている」(兵庫県/30代男性)、「実際に見た天皇賞の優勝馬で迫力があったから」(東京都/20代女性)といったコメントが寄せられていました。

第1位:ディープインパクト(2006年)80票

1位には、「ディープインパクト」が選ばれました!

2004年のデビューから新馬戦を圧勝し、すぐさま若駒ステークス、弥生賞(G2)と立て続けに連勝。皐月賞(G1)、日本ダービー(G1)、菊花賞(G1)の3冠を達成したレースは、いまでも語り草となっています。引退後も種牡馬として、ジェンティルドンナ、コントレイルといった多くのG1勝ち馬を輩出している、伝説的名馬です。

自由回答を見ると、「強さが圧倒的で名馬!って感じがするから」(山梨県/30代女性)や、「このレースで勝利した時に、どの距離でも安心して見ていられる馬はもういないと確信した瞬間」(愛知県/30代男性)、「どのレースでも強烈な勝ち方をしていましたが、このレースの勝ち方は特別でした」(埼玉県/40代男性)といったコメントが寄せられていました。

※コメントは全て原文ママです

この記事の筆者:斉藤 雄二 プロフィール
新潟出身、静岡在住の元プロドラマー。ライター執筆歴は約8年。趣味は読書とフィットネスとfiat500でドライブに出かけること。最近はeSportsの試合観戦が楽しみです。メインMCを担当するPodcast番組「だいたい二畳半|ホントは面白い住まいの話」をSpotifyやApplePodcastで配信中!

次ページ
10位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応