好きな「平成以降の日本ダービー優勝馬」ランキング! 2位「トウカイテイオー」、1位は?

All About ニュース編集部が全国10~70代の男女396人を対象に実施した「競馬に関するアンケート」から今回は、好きな「平成以降の日本ダービー優勝馬」ランキングを紹介します。2位「トウカイテイオー」、1位は?(サムネイル画像出典:PIXTA)

好きな「平成以降の日本ダービー優勝馬」ランキング、1位は? ※画像はイメージ
好きな「平成以降の日本ダービー優勝馬」ランキング、1位は? ※画像はイメージ

All About ニュース編集部は2023年6月19日~7月23日の間、全国10~70代の男女396人を対象に「競馬に関するアンケート」を実施しました。本記事では、好きな「平成以降の日本ダービー優勝馬」ランキングを紹介します。

>10位までの全ランキング結果を見る

第2位:トウカイテイオー(1991年)46票

2位には、「トウカイテイオー」が選ばれました!

無敗の三冠を達成した伝説の競走馬「シンボリルドルフ」の最初の産駒がトウカイテイオー。圧倒的デビュー戦から、安定して連勝を重ね、一躍注目馬として名乗り出ます。途中、ケガで休養していた期間もありましたが、劇的な復活劇を演出し、記録にも記憶にも残る名馬となりました。

自由回答を見ると、「シンボリルドルフを子供の頃の記憶に強く印象があり、自分が社会人になって馬券を購入できる年齢で、その子供がダービーに出走し勝つのは最強だと夢中になっていた」(京都府/50代男性)や、「強さ、ドラマ性、テイオーステップの魅力」(神奈川県/30代女性)といったコメントが寄せられていました。

第1位:ディープインパクト(2005年)110票

1位は、「ディープインパクト」です!

日本の競馬を変えたと称される大種牡馬「サンデーサイレンス」を父に持つ、平成の名馬。「空を飛ぶようだ」と形容される直線の加速で多くの競馬ファンを魅了してきました。成績は14戦12勝(中央13戦12勝)、史上6頭目の三冠馬となった菊花賞をはじめ、有馬記念(G1)、天皇賞(春・G1)、ジャパンカップ(G1)などを制し、輝かしい戦績を誇っています。

アンケート回答を見ると、「この頃一番競馬に興味を持っていて、友人たちとよく話していて、ダービーといえばこの馬たちのイメージが強いため」(愛知県/30代男性)や、「非常に強い勝ち方で印象に強く残っているので。武豊騎手の感想がインパクト大」(神奈川県/50代男性)、「かなり稼がせていただきました」(大分県/30代男性)といったコメントが寄せられていました。

※コメントは全て原文ママです

この記事の筆者:斉藤 雄二 プロフィール
新潟出身、静岡在住の元プロドラマー。ライター執筆歴は約8年。趣味は読書とフィットネスとfiat500でドライブに出かけること。最近はeSportsの試合観戦が楽しみです。メインMCを担当するPodcast番組「だいたい二畳半|ホントは面白い住まいの話」をSpotifyやApplePodcastで配信中!

次ページ
10位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    日本人には日常すぎて衝撃! 外国人が「最高に素晴らしい!」と称賛する日本のいいところ厳選3

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」