『光る君へ』第2話 “まひろ”吉高由里子ד道長”柄本佑、再会! ままならぬ恋の予感と宮中サスペンス

1月14日に放送されたNHK大河ドラマ『光る君へ』第2話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります。(画像出典:NHK『光る君へ』公式サイト)

吉高由里子さん主演のNHK大河ドラマ『光る君へ』。1月14日に放送された第2話では、大人になった主人公・まひろと三郎/藤原道長の再会が描かれました。ストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

>前回(第1話)のあらすじはこちら

光る君へ
画像出典:NHK『光る君へ』公式サイト

第2話のあらすじ

母の死から6年が経ち、15歳を迎えたまひろ(吉高由里子)は成人の儀式を迎えます。藤原道兼(玉置玲央)に殺害された母の死を病と偽った父・為時(岸谷五朗)との仲は冷めきる一方、代筆仕事に生きがいを見いだすまひろ。

三郎もまた成人し道長(柄本佑)と名を改め、官職を得て宮仕えをするようになっていました。姉・詮子(吉田羊)が帝との間に皇子を産み、右大臣の父・兼家(段田安則)はさらなる権力を得ようと画策。詮子に皇子を人質に東三条へ下がるよう提案します。帝の寵愛を取り戻そうとする詮子でしたが、彼の心がすでに離れていると知り傷心。

そんな中、道長とまひろはひょんなことから再会を果たします。互いに何者かと問い合うも答えず。道長はまひろが代筆仕事をしていると知ると、代筆してもらうためでなく会えるまで通うと言って去ります。

一方、権力をさらに強固なものにしようとする兼家は、帝の側に仕える次男・道兼を動かし、帝の具合を悪くするよう食事に薬を盛らせる策に。帝は体調を崩し、為時が漢文を指南する東宮(本郷奏多)に即位の順がまわってくる様相へ。東宮は、即位した暁には、変わり者の自分を見放さず側にいてくれた為時を取り立てると話します。

出世の道が見えてきた為時は、まひろが代筆仕事をしていると知るや激高し見張りをつけると宣言。仕事の時だけ6年前のことを忘れて自分でいられるまひろは、縛り付けられても縄を切って出ていくと言い返します。見張りの目をくぐり仕事場へ急ぐまひろ。同じ頃、まひろを訪ねてきた道長と再び巡りあうも、道長は無実の罪で捕らえられてしまい――。

光る君へ
画像出典:NHK『光る君へ』公式サイト

まひろ&道長、ままならぬ恋の予感……

男の権力争いの道具にされる自分たち女を不幸せだと道長に語る詮子。一方、仕事に生きがいを見出し幸せだと笑顔を見せるまひろ。多角的な女の生きざまを見知る道長が、今後、自身の出世をどう采配していくのか。無自覚にでも惹かれ合っているであろう、まひろと道長の今後の展開とともに気になりました。

次週予告では互いに「会いたかった」と見つめ合うカットもあり、X(旧Twitter)では「ステキすぎる!続きが気になる!」「政界での権力闘争や当時の恋愛事情、それらが反映された『源氏物語』を考慮すると、ややエロティックな物語になると読んでいたのだが」「王道少女漫画と昼ドラドロドロが一緒になってる脚本、嫌いじゃない」などのコメントが寄せられています。

第3話は「謎の男」。捕らえられた道長を心配するも、父・為時から謹慎を強いられたまひろは案じることしかできず。一方、兼家の策略により急速に体が弱っていく帝。政権掌握のため二の手を打ちたい兼家は、ライバルの左大臣家の動向を探るため、為時を利用してまひろを間者として送り込み――。男たちの政権争いの渦中に、いよいよまひろも巻き込まれていくのでしょうか。道長とのラブ、宮中のサスペンスがどう展開していくのか期待です。

『光る君へ』あらすじバックナンバー

第1話

この記事の筆者:地子給 奈穂
編集・ライター歴17年。マンガ、小説、雑誌等の編集を経てフリーライターに転向後、グルメ、観光、ドラマレビューを中心に取材・執筆の傍ら、飲食企業のWeb戦略コンサルティングも行う。  

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    スパイ映画は『007』だけじゃない。荒唐無稽?それともリアル?魅力にあふれたスパイ映画6作を選出

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】