60歳女性、派遣で年収200万円、年金暮らしの親と実家暮らし。高齢の母が管理している「家計」に不安

All About ニュース編集部は、現在実家暮らしをしている人を対象に、毎月の生活費や貯金額に関するアンケート調査を実施。本記事では千葉県船橋市在住・60歳女性のエピソードを紹介します。

千葉県船橋市在住・60歳女性のエピソード
千葉県船橋市在住・60歳女性のエピソード
実家を生活の拠点にしている人は、どのような理由があるのでしょうか。自身の健康状態、家族の介護など、背景は人によってさまざま。中には、両親の面倒を見るために実家にとどまる人も。

All About ニュース編集部は、2023年12月20~29日の期間、現在実家暮らしをしている人を対象にアンケート調査を実施。毎月の生活費や貯金額、実家暮らしをしている理由などを聞きました。

今回は、千葉県船橋市在住・60歳女性のエピソードを紹介します。

回答者のプロフィール&実家の状況

回答者本人:60歳女性
在住:千葉県船橋市
同居人数:両親、自分
世帯年収:父350万円(年金)、母30万円(年金)、自分200万円
実家の間取り:6DK
職業:派遣社員

生活費や貯金額は?

実家に入れている生活費:0円
交際費:3万円
毎月のお小遣い:2万円
毎月の貯金額:1万円
貯金総額:300万円くらい

回答者に、実家を出る予定と恋愛や結婚について質問したところ、いずれも「なし」と回答しました。

実家暮らしは、安全面&生活面で両親の面倒を見るため

現在、実家暮らしをしている理由を尋ねると「高齢の両親のみでの生活には不安があるので、見守りとして同居しています」と回答。

「今は物騒な事件が多いので、一緒に住むだけでも安心して貰えると思います」と続け、回答者が実家で暮らす意義を説明してくれました。

また、「両親だけでは買い物も行けないし、パソコンも使えないので、足としても役に立っていると思います」とも話し、安全面の意味だけでなく生活面でも両親に必要とされていることを教えてくれています。

家計は母が握っているため「ボケる前に教えてもらいたい」

一方で、実家暮らしにおいての悩みもあるようです。

「家にお金を入れていませんが、食費など自分の財布から出す事が多いです。親の扶養には入っていませんし、私も親を扶養していませんが、家計は高齢の母が握っているので、家についての費用等がこの先どこまでかかるのかが分からず、ボケる前に教えてもらいたいと思っています」と、高齢の両親との共同生活だからこそ生じる悩みを明かしました。

また、実家での経済的な悩みについて「両親は免許を返納したので、運転できるのは自分だけ。病院への送迎など車は必要なので維持していますが、税金や保険などの維持費が負担です」と話しました。

実家での生活を考えると車の維持は仕方のないものになりそうですが、それにかかる税金や家計費など将来的な問題があると感じているようです。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:鎌田 弘 プロフィール
ニュース記事を中心に執筆中のライター。IT企業のメディア担当を経て現在に至る。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は2年。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】