【まだ買える】カルディの「コーヒー福袋」を開封! 高額コーヒーも入っていて“お得すぎ”た

毎年、福袋が人気のカルディコーヒーファーム。2024年も複数の福袋が発売になりました。その中でもコーヒー好きに特におすすめしたいのが、「コーヒー福袋 ドリップコーヒーセット」。福袋の中身とバッグをご紹介します。

福袋が人気のカルディコーヒーファーム(以下、カルディ)。2024年も複数の福袋が発売になりました。今回は、その中でもコーヒー好きに特におすすめしたい、「コーヒー福袋 ドリップコーヒーセット」の中身とバッグをご紹介します。
「コーヒー福袋 ドリップコーヒーセット」税込2900円
「コーヒー福袋 ドリップコーヒーセット」税込2900円

「コーヒー福袋 ドリップコーヒーセット」の中身

福袋に入っているコーヒー
福袋には6種類29杯分のコーヒーが入っている
カルディ2024福袋「コーヒー福袋 ドリップコーヒーセット」には6種類29杯分のコーヒーが入ってお値段税込2900円。1杯100円の計算になります。これが実はかなりお得!

▼KALDI ニューイヤーブレンド(6個)
KALDI ニューイヤーブレンド(6個)
KALDI ニューイヤーブレンド(6個)
福袋に6個入っている「KALDI ニューイヤーブレンド」は単品だと1個150円(税込)です。毎年恒例で発売されるニューイヤーブレンドは、飲みやすく豊かな香りがします。

▼干支珈琲 ルワンダ カレンゲラ・カブガ ダークロースト(6個)
干支珈琲 ルワンダ カレンゲラ・カブガダークロースト(6個) 
干支珈琲 ルワンダ カレンゲラ・カブガ ダークロースト(6個)
今年の干支「たつ」がデザインされている「干支珈琲 ルワンダ カレンゲラ・カブガ ダークロースト」(6個)。こちらは単品販売だと1個160円(税込)となっています。

▼ブルーマウンテンブレンド(6個)
・ブルーマウンテンブレンド(6個)
ブルーマウンテンブレンド(6個)
酸味と苦味のバランスがいいカルディの「ブルーマウンテンブレンド」も6個入っています。こちらも単品販売だと1個160円(税込)となっています。

▼ドイトンコーヒー(6個)
ドイトンコーヒー(6個)
ドイトンコーヒー(6個)
ローストナッツのような香ばしさと、ほんのりスパイシーなテイストが特徴の「ドイトンコーヒー」(6個)。単品価格は1個150円(税込)の品です。

▼パナマ ゲイシャ(4個)
パナマ ゲイシャ
パナマ ゲイシャ(4個)
幻のコーヒーとも言われているゲイシャ。フルーツのような味わいの「パナマ ゲイシャ」(4個)も入っています。ドリップタイプでの販売はオンラインストアでは見当たりませんが、豆が200グラムで税込4752円。マイルドカルディ200グラムが745円なので、約6倍の価格。ドリップコーヒーとしても大変高価な価格となるでしょう。

▼【セット限定】コーヒーの旅 ニルトンさんのコーヒー ブラジル サンフランシスコ農園(1個)
【セット限定】コーヒーの旅 ニルトンさんのコーヒー ブラジル サンフランシスコ農園(1個)
【セット限定】コーヒーの旅 ニルトンさんのコーヒー ブラジル サンフランシスコ農園(1個)
そして、今回の福袋セット限定となっている「コーヒーの旅 ニルトンさんのコーヒー ブラジル サンフランシスコ農園」(1個)。こちらはセット限定のため価格の比較できるものはありませんが、ブラジルのものですので高価なものでしょう。

「コーヒー福袋 ドリップコーヒーセット」のバッグ

コーヒー福袋のバッグ
「コーヒー福袋 ドリップコーヒーセット」のバッグ
カルディには福袋のほか、定期的に発売されるバッグと食品のセット商品がありますが、厚手のトートバッグタイプが多いですよね。今回ご紹介している「コーヒー福袋 ドリップコーヒーセット」のバッグは、綿100%の薄手、巾着タイプなので縛って使うことができます。

サイズは縦41×横38センチ、持ち手62センチ。持ち手が長いので肩掛けもできるので便利。何と言っても薄手タイプなのでエコバッグとして畳んでカバンに入れておくのにおすすめです。旅行のときなども使えそうですね。コーヒーのイラストもかわいらしいです。
イラストが可愛い
イラストがかわいい
カルディの福袋はすでに完売しているものも多くありますが、今回ご紹介した「コーヒー福袋 ドリップコーヒーセット」は2024年1月5日時点で筆者が確認した店舗にはありましたし、カルディ公式のオンラインストアにも在庫があります。

価格が分かっている商品だけでも1個150円や160円の品が100円相当。さらに価格が分からないほどの高額コーヒーも入っているので、コーヒー好きの人はぜひチェックしてみてください。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    スパイ映画は『007』だけじゃない。荒唐無稽?それともリアル?魅力にあふれたスパイ映画6作を選出

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】