「収入が多くない母親に負担」33歳女性、会社員で年収300万円、実家暮らしだが「生活費の額」に不満爆発

All About ニュース編集部は、現在実家暮らしをしている人を対象に、毎月の生活費や貯金額に関するアンケート調査を実施。本記事では神奈川県横浜市旭区在住・33歳女性のエピソードを紹介します。

神奈川県横浜市旭区在住・33歳女性のエピソード
神奈川県横浜市旭区在住・33歳女性のエピソード
経済的な悩み、家族の介護、健康的な理由から実家での暮らしを選択している人は多くいます。中には、両親の生活を助けるためにも実家へ戻る人も。

All About ニュース編集部は、2023年9月11日~10月9日の期間、現在実家暮らしをしている人を対象にアンケート調査を実施。毎月の生活費や貯金額、実家暮らしをしている理由などを聞きました。

今回は、神奈川県横浜市旭区在住・33歳女性のエピソードを紹介します。

回答者のプロフィール&実家の状況

回答者本人:33歳女性
在住:神奈川県横浜市旭区
同居人数:両親、自分、妹
世帯年収:母親120万円、自分300万円、妹200万円
実家の間取り:一軒家3LDK
職業:正社員

生活費や貯金額は?

実家に入れている生活費:3万円
交際費:2万円
毎月のお小遣い:2万円
毎月の貯金額:1万円
貯金総額:30万円

総務省統計局が発表した「家計調査報告書 家計収支編(2021年)」によると、34歳以下女性の1カ月の平均消費支出は16万3767円です。そのうち、住居費の平均は3万8400円ですが、家賃などは地域や条件によって差が出てくるので、住居費を除いた12万円程度が回答者の属性に近い平均生活費ということになります。

実家を出る予定を尋ねると、「出たい気持ちはあるが、愛犬と離れたくない気持ちがある」と回答。また「いずれ結婚はしたい」といい、結婚願望についても明かしてくれました。

「父親の仕事が安定せず、収入が多くない母親に負担」

実家暮らしの理由について聞くと、「以前1人暮らしをしていた際に空き巣の被害に遭ったため1人暮らしに少し不安がある」という安全面での不安を告白。

さらに「父親の仕事が安定せず、収入が多くない母親に負担がかかっているため生活面で両親が心配のなので家計を助けるためにも実家暮らしをしています」と、もう1つの理由も説明。実家へ戻ることには複合的な理由があったようです。

父親の収入が安定せず「毎月入れているお金よりもプラスで出す」

実家暮らしの生活については、「自分だけ帰りが遅い時間になる事が多く生活リズムが合わないので、帰宅時間が夜中になったりするとあまり物音を立てないように就寝準備をする事と、消灯時間を決められているため帰宅後にできる事が限られてしまうことです」と苦悩を打ち明けました。

また、お金の悩みについて尋ねると「父親の仕事が安定せず収入がない月が続き、毎月入れているお金よりもプラスで出す事があります」と悩みを吐露しました。

それ以外にも「愛犬の病院代や病気になってしまった時に備えて毎月家族全員で積み立て貯金をしているのですが、生活費が足りない際にその貯金から工面されている」と別の悩みを告白。経済的な面では、入れている生活費の使い道に不満を抱えているようです。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:鎌田 弘 プロフィール
ニュース記事を中心に執筆中のライター。IT企業のメディア担当を経て現在に至る。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は2年。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応