「あまりにも悲惨すぎる」クリスマスケーキ巡り、高島屋が謝罪「一部の商品が崩れていたことが判明」

高島屋が販売したフレンチ料理店「レ・サンス」のクリスマスケーキ。購入者らが次々にぐちゃぐちゃな状態で到着したケーキをSNSに公開。12月24日、高島屋が謝罪しました。(サムネイル画像出典: yu_photo / Shutterstock.com)

画像出典:yu_photo
画像出典: yu_photo / Shutterstock.com

大手百貨店の高島屋が12月24日、販売したクリスマスケーキについて、謝罪を発表しました。
 

【実際の謝罪文:高島屋、崩れたクリスマスケーキに謝罪】

「一部の商品が崩れていたことが判明」

高島屋の公式Webサイトは、「このたび、当社オンラインストアにてご注文いただきました<レ・サンス>ストロベリーフリルショートケーキにおきまして、一部の商品が崩れていたことが判明いたしました。当該商品をお買上げいただきましたお客様には、大変ご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申しあげます」と、謝罪しました。
 

騒動の発端となったのは、同社のオンラインストアで販売した神奈川県横浜市青葉区のフレンチレストラン「Les Sens(レ・サンス)」が監修したクリスマスケーキを購入した人たちが、相次いで到着時の惨状をSNSに投稿。一方向に片寄ってしまったケーキや、輸送中に箱の中で上下左右に揺れたのだろうと思えるものから、もはや原型をとどめていないものなど、多くの画像が投稿されました。

「かなしみ通り越して笑うしかない」

購入者からは、「あまりにも悲惨すぎるわ」「一段目二段目のスポンジの層が外れてしまってます」「かなしみ通り越して笑うしかない」「こんななる?!」「たまにはこんなことあるのか…って思ってたけど、今朝トレンド入りしてて、みんなそうなの?となんだか複雑」という声が。
 

中には、「高島屋からは返金メールが来ましたが二度と頼みません」と怒りをにじませた投稿や、「我が家は無事に届きました」という報告のほか、比較的きれいな状態で届いた該当ケーキと見本の画像を並べて「そもそも、イチゴの数とか写真と違いすぎやしませんか」という指摘も寄せられました。

「高島屋クリスマスケーキ被害者の会」がトレンド入り

同日、X(旧Twitter)では、「高島屋クリスマスケーキ被害者の会」というワードがトレンド入りする事態に。大手百貨店で起きた騒動に、「どう対応するのかすごい気になる」「来年は糧にしてしっかりやり切ると思う。何せ天下の高島屋」「想定内である事象」「画像付きで上げる必要、ある?」など、現在も波紋を広げています。
 

※記事内容は記事執筆時点のもので、25日に同社は謝罪文を更新しました

次ページ
高島屋が発表した謝罪全文
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」