【カルディ】ぬか床も手間も不要! ラップだけでプロの味になる「熟成ぬか漬けの素」を試してみた

カルディで発売されている「熟成ぬか漬けの素」。ラップを使って野菜を包むだけで簡単にぬか漬けができるというこの商品を使って、実際にぬか漬けを作ってみたリポートをお届けします。

カルディ「熟成ぬか漬けの素」
カルディ「熟成ぬか漬けの素」税込340円
ぬか漬けと言えば、ぬか床に手を入れて毎日かき混ぜる手間が必要ですが、カルディの「熟成ぬか漬けの素」(税込340円)ならラップを使って野菜を包むだけ。そんな簡単にぬか漬けができるのなら! と筆者も購入してみました。

今回はカルディの「熟成ぬか漬けの素」を使ってみたリポートをお届けします。

「熟成ぬか漬けの素」は何でできている?

「熟成ぬか漬けの素」
「熟成ぬか漬けの素」原材料
従来のやり方でぬか床を作るとなると、必要となるのはぬか、水、塩、唐辛子、昆布、そして捨て漬け用の野菜など。それらでぬか床を作り、さらに熟成するのを待つ必要があります。

そこまで手がかかるぬか床ですが、「熟成ぬか漬けの素」なら国産のいりぬかに食塩やリンゴ酢などが入っており、すでに熟成していて、すぐに使うことができます。

しっかりと唐辛子も入っています。
唐辛子が入っている「熟成ぬか漬けの素」
唐辛子も入っている「熟成ぬか漬けの素」

「熟成ぬか漬けの素」を使ってぬか漬けを作ってみた

「熟成ぬか漬けの素」
「熟成ぬか漬けの素」と準備した野菜
今回は「熟成ぬか漬けの素」で漬けるために、きゅうり、大根、にんじん、ゆで玉子を用意しました。大根やにんじんは、太いままだと中までぬかが浸透するのに時間がかかってしまうので、皮をむいて1/2や 1/4にカットしています。

ラップの上に「熟成ぬか漬けの素」のチューブから野菜の形にあわせてぬかを出し、その上にきゅうりをのせてラップで包みます。ぬかが足りずにきゅうりが出てしまっていたところには少し足して、満遍なく包まれるようにしました。
「熟成ぬか漬けの素」作り方
「熟成ぬか漬けの素」の使い方
ぬかに漬けている間に野菜から水分が出るので、ラップで包んだ野菜はバットに乗せたり、チャック付きの保存袋に入れるのがおすすめです。この状態で冷蔵庫へ。
「熟成ぬか漬けの素」
水分が出るのでバットやチャック付き保存袋を利用するのがおすすめ
商品パッケージには「8時間から32時間お好みで」と書かれていたので、今回は24時間漬けてみました。しっかりと漬かっていて野菜から水分が出ているのがわかります。
「熟成ぬか漬けの素」
「熟成ぬか漬けの素」で24時間漬けた野菜
細めにカットした野菜には、漬け時間が長すぎたようです。筆者の好みからすると漬かりすぎていました。しかし漬かり具合は人それぞれの好みがありますので、ここはご自分好みの時間を探し出すのもいいですね。
24時間漬けたぬか漬け
24時間漬けたぬか漬け
「ぬか漬けを作るのは初めて」「たまにぬか漬けを食べたくなるけどぬか床は要らない」「面倒なことはやりたくないけどおいしいものを食べたい」そんな方には特におすすめしたいカルディの「熟成ぬか漬けの素」。手間なく始められるので、この年末年始の期間中に試してみてはいかがでしょうか。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    Mrs. GREEN APPLE『コロンブス』炎上騒動の背景にも…? トガッたクリエイター暴走リスクとは

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性