紀ノ国屋×KEITAMARUYAMAの大容量バッグなどが『オトナミューズ』の付録に! オンラインで予約受付中

12月27日販売の『オトナミューズ 2024年2月号』と増刊号に、紀ノ国屋×KEITAMARUYAMAの『パンダ大容量ショッピングバッグ』と『チェック柄トート&パンダの保温・保冷バッグ』が付いてきます。(サムネイル画像出典:宝島チャンネル)

紀ノ国屋とKEITAMARUYAMAがコラボした『パンダ大容量ショッピングバッグ』(画像出典:宝島チャンネル、以下同)
紀ノ国屋とKEITAMARUYAMAがコラボした『パンダ大容量ショッピングバッグ』(画像出典:宝島チャンネル、以下同)
ファッション誌『オトナミューズ 2024年2月号』および増刊号(いずれも宝島社、各税込1550円)に、紀ノ国屋とKEITAMARUYAMAがコラボレーションした『パンダ大容量ショッピングバッグ』と『チェック柄トート&パンダの保温・保冷バッグ』が付いてきます。

販売方法はそれぞれ異なり、書店やコンビニおよびオンラインショップなどにて12月27日から。宝島チャンネルでは、いずれも予約開始しています。

たくさん入る! 『パンダ大容量ショッピングバッグ』

『オトナミューズ 2024年2月号』付録『パンダ大容量ショッピングバッグ』
『オトナミューズ 2024年2月号』付録『パンダ大容量ショッピングバッグ』
『オトナミューズ 2024年2月号』には、『パンダ大容量ショッピングバッグ』が付いてきます。価格は税込1550円で、12月27日より書店やコンビニ、宝島チャンネルにて販売されます。宝島チャンネルではすでに予約が始まっています。
『オトナミューズ』2024年2月号付録『パンダ大容量ショッピングバッグ』
『オトナミューズ』2024年2月号付録『パンダ大容量ショッピングバッグ』
サイズは、高さ35.5×幅最大52×マチ15センチ、ハンドルの長さは59センチの大容量。さりげなくご機嫌なパンダが1頭、紀ノ国屋ロゴに寄り添うデザインです。

かわいさも使いやすさも! 『チェック柄トート&パンダの保温・保冷バッグ』

同日発売の『オトナミューズ 2024年2月号増刊』には、『チェック柄トート&パンダの保温・保冷バッグ』が付いてきます。通常号と同じく価格は税込1550円、12月27日より発売です。

販売は通常号と一部異なり、セブン-イレブン店舗(一部の店舗では取り扱いがない場合あり)とセブンネットショッピング、宝島チャンネルで実施。こちらも宝島チャンネルでは予約が始まっています。
鮮やかなオレンジロゴの『チェック柄トート』
鮮やかなオレンジロゴの『チェック柄トート』
トートは、モノトーンのシックなチェックに、鮮やかなオレンジでロゴが描かれています。サイズは、高さ34.5×幅最大35×マチ9センチです。
通常号と同じ柄の『パンダの保温・保冷バッグ』
通常号と同じ柄の『パンダの保温・保冷バッグ』
セットの保冷・保温バッグは、通常号と同じパンダ付きのロゴが描かれています。サイズは、高さ26.5×幅22.5×マチ14センチと少し大きめです。
かわいさも使いやすさも!
かわいさも使いやすさも!
トートは内側にゴムバンドが付いており、くるっと小さく丸めてバッグに入れて持ち歩けます。保冷・保温バッグは、500ミリリットルのペットボトルが6本も入るサイズ。どちらも買い物にとても便利です。

宝島チャンネルでは、『オトナミューズ 2024年2月号』『オトナミューズ 2024年2月号増刊』のいずれも予約を開始しています。通常、予約商品と他商品を一緒に注文した場合、最も発売日の遅い商品に合わせての一括配送になりますが、これらは同日発売となるため、一括発送で同時に入手できます。気になる人はぜひともチェックを。

※増刊の誌面内容は『オトナミューズ 2024年2月号』に対し、一部掲載していない記事があります
※デザイン、仕様は変更になる可能性があります
※トートバッグには保冷・保温機能がありません
※トートバッグは総柄のため、実際の柄は写真と異なります
※保冷・保温機能は環境によって異なります

(C)『otona MUSE』2024年2月号(宝島社)/(C)『otona MUSE』2024年2月号増刊(宝島社)
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊東純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴