歴代朝ドラに出演した「ハマり役だったと思う男性俳優」ランキング! 2位「福士蒼汰」、では1位は?

All About ニュース編集部は全国の男女を対象に「朝ドラ出演男性俳優」に関するアンケート調査を実施。「歴代の朝ドラに出演したハマり役だったと思う」ランキングで1位に選ばれたのは?(サムネイル画像出典:NHK公式Webサイトより)

2024年のNHK連続テレビ小説は、前期が伊藤沙莉さん主演の『虎に翼』、後期が橋本環奈さん主演の『おむすび』に決定しました。朝の顔として、新たなハマり役が誕生するか期待が高まっています。

All About ニュース編集部は10月4日~12月5日の期間、全国20~60代の男女293人を対象に「朝ドラ出演男性俳優」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から「歴代の朝ドラに出演したハマり役だったと思う男性俳優」ランキングを紹介します!

>17位までの全ランキング結果

2位:福士蒼汰『あまちゃん』

『あまちゃん』
『あまちゃん』(画像出典:公式Webサイト
2位にランクインしたのは、福士蒼汰さんです。2013年放送の『あまちゃん』で、のんさん(当時は能年玲奈で活動)演じるヒロインが一目ぼれした相手である種市浩一役を演じ、お茶の間の人気者に。

種市浩一は潜水士を志す好青年で、東北訛りが強いため自分のことを「ずぶん」と言ってしまうことから、「ずぶん先輩」と呼ばれ親しまれていました。

2023年5月に『あまちゃん』が再放送されると、ネット上でも大きな話題となり「種市先輩」がトレンド入り。10年ぶりの放送でも反響を呼ぶ人気っぷりを見せつけました。

回答者からは「東北弁が可愛らしかったから」(60代女性)、「はまり役だったので」(30代男性)、「こんなイケメンが学校にいたら絶対に好きになると思ったから」(40代女性)といったコメントが寄せられています。

1位:神木隆之介『らんまん』『どんど晴れ』

『らんまん』
『らんまん』(画像出典:Amazon
1位にランクインしたのは、神木隆之介さんです。2023年放送の『らんまん』で、3年ぶりの男性俳優による主演を務めました。

本作では、世界的な植物学者である牧野富太郎博士をモデルとしており、神木さんは青年期から老年期までを演じています。

作中では老年期を過度な老けメイクをすることなく、持ち前の演技力で円熟した風格を見事に表現しました。

回答コメントでは「一つのことを取り組む人物を上手く演じきったと思います」(50代男性)、「坊ちゃんで、自由奔放にやっているのに嫌味がない。天真爛漫さが良かった」(40代女性)、「神木くんの可愛らしい感じと人の良さにピッタリだと感じたから」(20代女性)などの声が集まりました。

※回答コメントは原文ママです

この記事の筆者:くま なかこ プロフィール
編集プロダクション出身のフリーランスエディター。編集・執筆・校閲・SNS運用担当として月間50本以上のコンテンツ制作に携わっています。得意なジャンルはライフスタイル・金融・育児・エンタメ関連。
次ページ
17位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化