エビデンスとは? シーン別の使い方や例文、言い換え表現、会議で重要な理由を解説

「エビデンス」という言葉、ビジネス会話の中などでよく使われるようになりましたが、正しく使えていますでしょうか。今回は意味や、言い換え表現などを現役フリーアナウンサーの新保友映が解説します。

「エビデンス」の意味とは? 使い方や例文、言い換え表現を解説
「エビデンス」の意味とは? 使い方や例文、言い換え表現を解説

ビジネス会話の中などでよく使われる「エビデンス」という言葉ですが、正しく使えていますか。今回は、「エビデンス」の意味や例文、言い換え表現などを現役フリーアナウンサーの新保友映が解説します。

関連記事:【ビジネス用語】サラリーマンに必須のカタカナ・略語一覧! 例文もあり

<目次>
「エビデンス」の意味とは
【シーン別】「エビデンス」の使い方と例文
会議で「エビデンス」が重要な理由
「エビデンス」を日本語で言い換える場合は?
「エビデンス」の類語・言い換え表現
まとめ

「エビデンス」の意味とは

英語の「evidence」には、「(~の/~するための)証拠」「(~という)根拠」「(~の)しるし、形跡」「証拠物件」「証言」という意味があります。

・IT業界における「エビデンス」の意味
IT業界における「エビデンス」は、システムが正常に動くかどうかのテストを実施した証拠や、その検証結果のことを指します。例えば、そのテストの際のスクリーンショットや、入力項目があればそれらも「エビデンス」になります。

・医療業界における「エビデンス」の意味
医療業界における「エビデンス」は、「科学的根拠」のことを言います。治療方針や、処方する薬に科学的根拠があるのか、また、新しい治療法や薬を開発するとき、その開発工程における医学的、科学的根拠をエビデンスと言います。

・金融業界における「エビデンス」の意味
金融業界においての「エビデンス」は、本人の支払い能力を証明する重要書類のことを言います。例えば、預貯金や保険、株式などの金融資産や、源泉徴収票、確定申告書など所得を証明する書類や、身分証明書などのことです。

【シーン別】「エビデンス」の使い方と例文

・会議や商談における「エビデンス」
ビジネス上での「エビデンス」は、事実に基づいた根拠や証明を提供するために使われます。会議や商談中での発言や意見、それらをまとめた議事録、取り交わされた覚書や契約書などもエビデンスとして使われます。

【例文】「次の商談ではエビデンスをきちんととってきてくれよ」

・資料における「エビデンス」
資料における「エビデンス」は、その資料の内容の正確性や、説得力などをきちんと保持するための「根拠」「裏付け」を意味します。実例や調査結果、事例をもとにして客観的な根拠や裏付けをすることで、その資料の説得力があがり、その資料を使ったプレゼンなどにも価値が出てきます。

【例文】「エビデンスのあるプレゼンをしないと意味がないよ」

・データにおける「エビデンス」
「データ」自体が「エビデンス」になります。例えば、商品の販売エリアを決めるときに、その地域の人口、その中のターゲットとなる購買者層など、実際の数字やデータをもとにしていかないと誤った決定を導くことになってしまうため、正確な「データ」=「エビデンス」が必要になります。

【例文】「先日の調査結果から、このようなエビデンスがとれました」

会議で「エビデンス」が重要な理由

会議で話し合われ、結論が導き出されるものには多種多様な内容がありますが、どんな会議でも認識しておく必要があるのは、会議は意思の決定をする場であるということです。ただ報告をしたり、ただ自分の思いや感情だけで話をしたりするのでは、集まっている全員の時間を無駄にしてしまいます。

そこで「エビデンス」が重要になります。出された意見や資料に「確かな根拠」があり、データなどからの客観性があれば、他の人を納得させやすく、また導き出される結果も、より市場の傾向や流れを把握したものとなり、効率よく、的確な結果を出せる会議となるでしょう。

「エビデンス」を日本語で言い換える場合は?

「根拠」「証拠」「科学的根拠」「裏付け」などと言い換えることができます。

「エビデンス」の類語・言い換え表現

「エビデンス」には以下のような類語があります。

・ファクト
「ファクト(fact)」は、「事実」や「現実」など、「異論のない事実」を意味する言葉です。先述のデータにおけるエビデンスのように、「ファクト」はそれ自体をエビデンスとして使うことができるものです。ただ、ファクトは「本当にあったこと」が基準となるので、ファクトは「事実」、エビデンスは「根拠」と理解しておくと分かりやすいでしょう。

・ソース
「ソース(source)」は、「(情報などの)出所」「(物事の)源・根源」を意味する言葉です。「エビデンス」の情報源はどこなのか、出所はどこなのかを説明するときなどに使います。

・プルーフ
「プルーフ(proof)」には、「(確実な)証拠」「証明」「立証」という意味があります。エビデンスよりも、「決定的な証拠」「誰にも変えられない証拠」を言い表す場合に使う言葉で、「プルーフ」と「エビデンス」を比べたときには、「エビデンス」には「資料」という意味合いの方が強くなります。

まとめ

「エビデンス」は日本語では「根拠」「証拠」「科学的根拠」「裏付け」を意味する言葉です。会議や資料、プレゼンなどでは「エビデンス」をうまく使って、効率的に的確な結果や成果を導き出せると良いでしょう。

■執筆者プロフィール

新保友映

新保 友映(しんぼ ともえ)
山口県岩国市出身。青山学院大学卒業後、2003年にアナウンサーとしてニッポン放送に入社。「オールナイトニッポンGOLD」のパーソナリティをはじめ、「ニッポン放送ショウアップナイター」やニュース情報番組、音楽番組など担当。2018年ニッポン放送退社後はフリーアナウンサーとして、ラジオにとどまらず、各種司会、トークショーMC、Youtube、Podcast、話し方講師など幅広く活動。科学でいじめのない世界をつくる「BE A HEROプロジェクト」特任研究員として、子どもたちの授業や大人向け講座の講師も担当している。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在