毎年人気の「アートリンク」が横浜赤レンガ倉庫に出現! 今年のアートは指で描いた女の子たちが躍動

アーティストとコラボレーションした屋外スケートリンク「アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫」が2023年12月2日からスタート。ビビ・レイさんが指で描いた女の子たちの作品がリンクを彩ります。

アーティストとコラボレーションした屋外スケートリンク「アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫」が2023年12月2日からスタート。19回目となる今回はBibi Lei(ビビ・レイ)さんが指で描いた女の子たちがリンクを彩ります(画像は全てオープニングセレモニーにて筆者撮影)。

アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫について

アートとアイススケートのコラボレーションが楽しめる「アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫」
アートとアイススケートのコラボレーションが楽しめる「アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫」

アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫は、横浜の冬を彩るイベントの1つとして2005年から始まりました。多彩なアーティストが繰り広げるアートとアイススケートのコラボレーションが楽しめる屋外スケートリンクです。

フィンガーペインティングで女の子を描く、ビビ・レイさん
フィンガーペインティングで作品を描く、ビビ・レイさん

19回目を迎える今回は、東京を拠点にグローバルに活躍するポルトガル系中国人のアーティスト、ビビ・レイさんによるイラストがリンクを彩っています。

ビビさんの作品は、自由な心と純粋さを表現するために指で描かれ(フィンガーペインティング)、全ての作品に女の子が登場。「アートリンク」では5人の女の子たちが描かれています。

テーマは「SPIN GENIUS(スピンの天才)」

5人の女の子たちは一人ひとり異なる文化や民族性を表現
5人の女の子たちは1人ひとり異なる文化や民族性を表現

アイススケートで観客たちが1番熱狂するのは高速で旋回するスピン。ビビさんはこのスピンこそが「色彩に生命を吹き込むエネルギー」だといいます。みんなが「スピンの天才」になれますように、との思いがテーマに込められています。

また、横浜は日本で最初に開港された貿易港の1つであり、古くからアメリカ軍基地があることから、中国人やアメリカ人をはじめ多くの国や地域の人の居住地となっています。5人の女の子たちは、1人ひとり異なる文化や民族性を表現。

外壁にも女の子たちが登場
外壁にも女の子たちが登場

横浜赤レンガ倉庫のアートリンクを飛び回ることで、さまざまな文化が織りなすキュートな友情を感じてほしい、とビビさんはいいます。

次ページ
ビビさんがフィンガーペインティングで描いた作品
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化