39歳会社員女性、年収220万円。生活費6.5万円を払って実家に暮らすも、同居する兄の「食事量」に不満

All About ニュース編集部は、現在実家暮らしをしている人を対象に、毎月の生活費や貯金額に関するアンケート調査を実施。本記事では北海道札幌市在住・39歳女性のエピソードを紹介します。

北海道札幌市在住・39歳女性のエピソード
北海道札幌市在住・39歳女性のエピソード
経済的な事情や自身の健康状態、家族の介護など、実家暮らしを選ぶ理由は、人によってさまざま。中には、兄弟仲が悪くても実家にとどまり続けなければいけないことも。

All About ニュース編集部は、2023年9月11日~10月9日の期間、現在実家暮らしをしている人を対象にアンケート調査を実施。毎月の生活費や貯金額、実家暮らしをしている理由などを聞きました。

今回は、北海道札幌市在住・39歳女性のエピソードを紹介します。

回答者のプロフィール&実家の状況

回答者本人:39歳女性
在住:北海道札幌市
同居人数:親1人、兄、自分
世帯年収:自分220万円、兄200万円
実家の間取り:3LDK
職業:会社員

生活費や貯金額は?

実家に入れている生活費:6万5000円
交際費:5000円
毎月のお小遣い:1万5000円
毎月の貯金額:2万円
貯金総額:62万円

総務省統計局が発表した「家計調査報告書 家計収支編(2021年)」によると、35〜59歳女性の1カ月の平均消費支出は16万4749円です。そのうち、住居費の平均は2万5360円ですが、家賃などは地域や条件によって差が出てくるので、住居費を除いた14万円程度が回答者の属性に近い平均生活費ということになります。

回答者に、実家を出る予定について聞くと「出たいがいろいろな事情が重なり難しそう」と回答。恋愛や結婚については、「絶対したくないとは思わないけど、無ければそれで構わない」と話しました。

「親が体調不良で起き上がれなくなり寝込んでしまった」

現在、実家暮らしをしている理由は母親の体調との関係にあると告白しました。

「兄と仲が悪いのでずっと出たいと思っている」と話す回答者。しかし、「数年前にいよいよもう出ようと思った時に、親が体調不良で起き上がれなくなり寝込んでしまった。3日程で回復したが、以前も突然意識を失って倒れた事があるので、自分のことすらほとんどしない役立たずの兄と2人にすることができず、現状同居している」と実家にとどまる意義を語りました。

親の体調を考慮すると、きょうだい仲は悪いものの、1人暮らしを諦めざるを得ない状況のようです。

「馬鹿みたいに食べる兄が同額の生活費なのが気に入らない」

そのため、実家暮らしにおいてはきょうだいとの共同生活に不満があるようです。

「兄がとにかく何もせず、言われればやったりやらなかったりで毎日イライラしている。毎日死ぬか出て行くかしろと思っている。このまま老いて、親がいなくなった時に一瞬でも2人で暮らさなければならないかも知れないと考えると気が休まる時がない」と、毎日の生活にストレスが多く存在することを語っています。

さらに、実家での金銭的な悩みについては「多少は増減しつつも、毎月だいたい貯金はできているので、自己資産についてはそれほど悩みはない。 ただ、馬鹿みたいに食べる兄が同額の生活費なのが気に入らないが、親が良いと言ってしまったのでしょうがない」と悩みを吐露しました。

家族全員で実家生活を送る上で「金銭的なルール」を作ることは重要です。しかし、回答者にとってはマイナスに働いてしまっている様子。とはいえ、今後も親の面倒を見るためにも、どうにかストレスを軽減できる方法を見つけることが必要になりそうです。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:鎌田 弘 プロフィール
ニュース記事を中心に執筆中のライター。IT企業のメディア担当を経て現在に至る。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は2年。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】