43歳男性、ソーシャルワーカーで年収100万円。実家暮らしを続けるも、両親から“子ども扱い”され……

All About ニュース編集部は、現在実家暮らしをしている人を対象に、毎月の生活費や貯金額に関するアンケート調査を実施。本記事では兵庫県姫路市在住・43歳男性のエピソードを紹介します。

兵庫県姫路市在住・43歳男性のエピソード
兵庫県姫路市在住・43歳男性のエピソード
1人暮らしをする人もいれば、実家での生活を続ける人もいます。実家暮らしを続ける人の理由はさまざま。両親には介護が必要で、嫌な思いもしつつも実家暮らしを選ぶ人もいます。

All About ニュース編集部は、2023年9月11日~10月9日の期間、現在実家暮らしをしている人を対象にアンケート調査を実施。毎月の生活費や貯金額、実家暮らしをしている理由などを聞きました。

今回は、兵庫県姫路市在住・43歳男性のエピソードを紹介します。

回答者のプロフィール&実家の状況

回答者本人:43歳男性
在住:兵庫県姫路市
同居人数:両親、自分
世帯年収:自分100万円
実家の間取り:一軒家4LDK
職業:ソーシャルワーカー

生活費や貯金額は?

実家に入れている生活費:5万円
交際費:5万円
毎月のお小遣い:8万円
毎月の貯金額:10万円
貯金総額:600万円

総務省統計局が発表した「家計調査報告書 家計収支編(2021年)」によると、35~59歳男性の1カ月の平均消費支出は18万9753円です。そのうち、住居費の平均は2万9396円ですが、家賃などは地域や条件によって差が出てくるので、住居費を除いた16万円程度が回答者の属性に近い平均生活費ということになります。

回答者に、実家を出る予定について聞くと「45歳くらいを目処に」と回答。また、恋愛や結婚願望については「ある」と答え「結婚希望」と話してくれました。

「少しでも親孝行のためになればと思って実家にいる」

現在、実家暮らしを選んでいる理由は「親が高齢になり、どこに行くにも介護必要な状態になっているため」と回答。

「今までお世話になったため、少しでも親孝行のためになればと思って実家にいる。合わせて将来のことを考えると結婚資金をため、幸せな生活を送りたいと思ったから」と続けています。

両親の介護のために実家暮らしを選択しているとのことですが、将来の結婚式を貯めるなど、自分自身にもプラスな影響を得られているようです。

「いつ、どこで、誰と、何をするのかを確認される」

とはいえ、実家暮らしでは苦労していることもあるとのこと。

「自分の時間を自由に使うことができないことが、窮屈に感じることがある。また、出かけるときに、いつ、どこで、誰と、何をするのかを確認され、いつまでも子ども扱いをされる。食べたい物の味付けが違い、薄味に合わさないといけない」と、共同生活で苦労している部分を説明してくれました。

また、実家暮らしでのお金の悩みについてもあるようで、「親のために、親孝行と思い、外食に行ったときに支払いしようとしても、先に親が支払ってしまい申し訳ない思いをしている」と告白しています。

共同生活のため、両親との考えの違いが生じているのは仕方のないこと。そこから生じる、両親からいつまでも子ども扱いされることは回答者にとってストレスの原因となっています。しかし、そのストレスを上回るほどの感謝の念を抱いており、親孝行をしたいと感じているようです。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:鎌田 弘 プロフィール
ニュース記事を中心に執筆中のライター。IT企業のメディア担当を経て現在に至る。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は2年。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    実写映画『アラジン』、アニメ版とはどう違う?作品をさらに魅力的にした「改変ポイント」5つを徹底解説

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】