恵比須顔(えびす顔)とは? 意味や特徴、使い方、例文を解説

恵比須顔という言葉を聞いたことはありますでしょうか。「えびすがお」という読み方ですが、正確な意味を知っている人は少ないのでは? 今回は、恵比須顔の意味や使い方などについて解説します。

恵比須顔(えびす顔)とは?
恵比須顔(えびす顔)とは?
恵比須顔という言葉を聞いたことはありますか。「えびすがお」という読み方ですが、正確な意味を知っている人は少ないのでは? 今回は、恵比須顔の意味や使い方などについて解説します。

<目次>
「恵比須顔」の意味とは
そもそも「恵比須様」とは? 語源について
「恵比須顔」の人の特徴
「恵比須顔」は女性に使わない方が良い?
「恵比須顔」の使い方と例文
「恵比須顔」の類語・言い換え表現
「恵比須顔」の英語表現
まとめ

「恵比須顔」の意味とは

「恵比須顔」とは、「えびす様」のように目を細めて、笑っているような顔つきのことをいいます。例えば、にこにこと、うれしそうに笑みを浮かべている様子のことです。

街中や神社仏閣の境内で、「恵比須像」を見つけると、思わずこちらもにっこりと幸せをもらえる気持ちになれるかもしれません。

そもそも「恵比須様」とは? 語源について

「恵比寿駅」「エビスビール」という言葉はなじみがあると思いますが、「えびす」様からきています。

恵比須様は七福神のひとりで、風折烏帽子(えぼし)をかぶり、右手に釣り竿、左わきに鯛を抱えています。商家で守護神としても祭られています。

七福神の構成や由来には諸説ありますが、七柱の神様のうち、純粋に日本古来の神様と唯一呼べるのが恵比須様だけです。そのほかの神様はインドや中国にルーツがあるとされています。

「えびす」様という神様の原点は、日本の沿岸部で古くから、「えびす信仰」という海の向こうからやってくるものが「福をもたらすもの」という信仰です。

元々は、漁業の神様としても知られ、のちに農業や商売の神様ともいわれるようになりました。あらゆる「福」を運んでくれるとされ、台所や玄関先、茶の間に祭る家庭も多くあります。

夷様、戎様、蛭子様、恵比須様、恵美須様と書き方もさまざまです。「夷」「戎」という漢字の当て字は、古来中国では、都から離れた遠い未開の異国からきたものの意味を指します。商売繁盛、五穀豊穣、大漁満足、航海安全、開運招福、学業成就の神様とされており、今でも、私たちの生活の身近にいる神様です。

「恵比須顔」の人の特徴

常にニコニコと笑顔でいることが多く、笑った際には目が細くなる、といった特徴が一般的とされています。また、恵比須様の特徴として、耳たぶが大きいことも挙げられます。

これも一般的には、人やお金の縁に恵まれていることを指し、耳たぶが大きいことも恵比須顔の特徴の1つと言えるでしょう。

「恵比須顔」は女性に使わない方が良い?

「恵比須顔」は「縁起が良い顔」という意味なのですが、恵比須様のお顔は、ふっくらと丸い、ふくよかなイメージの顔です。

そのため、例えば、「あなたは恵比須顔ですね」と、何気なく女性に使うと、「え? 私太っているのかしら……?」と、失礼な意味で誤解されてしまうかもしれません。なるべく控える方が良いでしょう。

「恵比須顔」の使い方と例文

「恵比須顔」の使い方を確認しましょう。いつもニコニコとして、見ていると気持ちがよくなる、福を呼びそうな笑顔のことを表現したいときに使います。

【例文】
「あの人は、いつも恵比須顔だ」
「彼の恵比須顔を見ていると、こちらも思わず笑顔がほころぶ」

「恵比須顔」の類語・言い換え表現

・満面の笑み

顔全体に笑顔が広がっている様子を表す言葉です。喜びや満足などの感情を強く表現するときに使われます。

・こぼれるような笑み

感情があふれて、思わず笑ってしまうことの意味です。「笑顔があふれる」と同じ意味です。

・愛想がいい

「人から好感や信頼感を持たれやすい態度をしている」という意味です。人当たりのよい態度は、円滑なコミュニケーションをする上で欠かせません。基本的には、ほめ言葉に使います。

・福を呼ぶ顔

幸せを呼ぶ人相のことです。顔を明るくして、ほほを上げ、額や眉をしっかり見せるようにしている人がこのように呼ばれやすいです。

「恵比須顔」の英語表現

「恵比須顔」を英語で表現するには、直訳にはなりますが、以下のような翻訳がおすすめです。福を呼ぶ、幸せな顔という意味で使います。

・Ebisu smile
・Smiling face
・Ebisu Face

まとめ

「恵比須顔」とは、にっこりとほほ笑み、幸せそうにしている顔のことを言います。その笑顔を見れば、ほっこりとした気持ちになり、嫌なことも忘れそう、というイメージです。仏教にも、「和顔施」という人に優しいほほ笑み、優しい言葉をかけると良いとされる、無財のお布施があります。周りの人を気持ちよくし、福を「おすそ分け」すると、さらに良いことが訪れるかもしれませんね。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊東純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴