30歳アルバイト女性、年収200万円。実家暮らしで生活費は「1万円」入れているものの、“節約”に不安

All About ニュース編集部は、現在実家暮らしをしている人を対象に、毎月の生活費や貯金額に関するアンケート調査を実施。本記事では神奈川県横浜市青葉区在住・30歳女性のエピソードを紹介します。

神奈川県横浜市青葉区在住・30歳女性のエピソード
神奈川県横浜市青葉区在住・30歳女性のエピソード
現在実家暮らしをしている人は、どのような経緯でその選択をしたのでしょうか。経済的な問題や自身の健康状態など、背景はさまざま。特に、職が安定していない人にとっては、実家で生活をせざる得ないことも。

All About ニュース編集部は、2023年9月11日~10月9日の期間、現在実家暮らしをしている人を対象にアンケート調査を実施。毎月の生活費や貯金額、実家暮らしをしている理由などを聞きました。

今回は、神奈川県横浜市青葉区在住・30歳女性のエピソードを紹介します。

回答者のプロフィール&実家の状況

回答者本人:30歳女性
在住:神奈川県横浜市青葉区
同居人数:両親、自分、弟
世帯年収:父親800万円、自分200万円
実家の間取り:一軒家3LDK
職業:アルバイト

生活費や貯金額は?

実家に入れている生活費:1万円
交際費:2万円
毎月のお小遣い:1万円
毎月の貯金額:3万円
貯金総額:500万円

総務省統計局が発表した「家計調査報告書 家計収支編(2021年)」によると、34歳以下女性の1カ月の平均消費支出は16万3767円です。そのうち、住居費の平均は3万8400円ですが、家賃などは地域や条件によって差が出てくるので、住居費を除いた12万円程度が回答者の属性に近い平均生活費ということになります。

回答者に、実家を出る予定について聞くと、「2ヶ月以内」と回答しました。

さらに、恋愛や結婚願望については「なし」とし、「自分に恋愛や結婚ができる自信がないから」と話しました。

「非正規雇用で不安定なため、アパートを借りることができるかどうか」

現在、実家暮らしを選択している理由は「収入が少なく、自分の稼ぎだけで一人暮らしをしていく自信がないため」と回答。

「非正規雇用で不安定なため、アパートを借りることができるかどうかも心配だから。家事を自分一人で上手くこなせるかという部分もあまり自信がない」と続け、収入面以外でも不安があることを明かしました。

「両親との仲があまり良くなく、しょっちゅうけんかをしてしまう」

また、実家暮らしでの苦悩もあるようです。

「両親との仲があまり良くなく、しょっちゅうけんかをしてしまうこと。昔の考え方に固執してばかりで、私の意見をほとんど聞いてくれず、自分たちの意見を一方的に押し付けてくるので腹が立ってしまうことがよくある」と話しました。

実家暮らしをする上で、両親との意思疎通は不可欠。仲が良くないとのことですが、どうにか関係を改善することが苦悩を軽減する鍵になりそうです。

さらに、実家暮らしをする上でのお金に関する悩みについて尋ねたところ「一人暮らしをしている人と比べると、生活費がいくらかかるか知らないのではないかと思ってしまうこと。本当にお金を大切にし、節約することができているかと不安になってしまう」と悩みを吐露しました。

現在も節約に励んでいるという回答者。しかし、不安を払拭(ふっしょく)するためにも将来的な自立を見据えるためにも、より生活費について知ることが大切になるのではないでしょうか。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:鎌田 弘 プロフィール
ニュース記事を中心に執筆中のライター。IT企業のメディア担当を経て現在に至る。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は2年。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは