「雪見だいふく×白い恋人」コラボは大成功の味! 「どこに売ってる!?」SNSでも大人気

ロッテの「雪見だいふく」、そして北海道のISHIYAの「白い恋人」2つの人気菓子がコラボレーションした「ISHIYA監修 雪見だいふく×白い恋人」を実際に食べてみた感想をお届けします。

「ISHIYA監修 雪見だいふく×白い恋人」
2023年11月13日に発売になった「ISHIYA監修 雪見だいふく×白い恋人」 
毎月いくつもの新商品が発売され、そして消えていくサイクルが早いお菓子業界。そんな中でもロングセラーで愛されて続けている商品もあります。

アイスのロングセラーとして有名なのがロッテの「雪見だいふく」。アイスと言えば夏の食べ物というイメージを払拭(ふっしょく)し、冬でも食べてもらえるものをと考案。42年前の1981年(昭和56年)に発売されました。

また、北海道土産としてロングセラーの「白い恋人」。石屋製菓から1976年(昭和51年)に発売されました。実に47年前です。
白い恋人のチョコ
白い恋人のチョコを使用した雪見だいふく
この2つのロングセラー商品がコラボした「ISHIYA監修 雪見だいふく×白い恋人」が2023年11月13日から発売となりました。希望小売価格は税込205円。

SNSでも「食べた!」「どこに売ってるの!?」と既に話題になっています。筆者も早速食べてみました。

「ISHIYA監修 雪見だいふく×白い恋人」を食べてみた

雪見だいふくと白い恋人雪見だいふく
通常の「雪見だいふく」と「雪見だいふく×白い恋人」
「ISHIYA監修 雪見だいふく×白い恋人」は通常の「雪見だいふく」と同サイズのパッケージ。カラーは「白い恋人」の包装のグリーンが使われています。
『ISHIYA監修 雪見だいふく×白い恋人』
『ISHIYA監修 雪見だいふく×白い恋人』はラングドシャのカラー
「雪見だいふく」は真っ白なところ、「ISHIYA監修 雪見だいふく×白い恋人」の求肥(ぎゅうひ)は「白い恋人」のラング・ド・シャのようなカラーとなっています。

カットして中を見ると「雪見だいふく」は全体がアイスのところ、「ISHIYA監修 雪見だいふく×白い恋人」は中央に何かが入っていました。
『ISHIYA監修 雪見だいふく×白い恋人』の中
「ISHIYA監修 雪見だいふく×白い恋人」は中央にソース
ミルクアイスの中に、ホワイトチョコレートソースが入っているのです。このソースは、「白い恋人」にも使われているオリジナルチョコレートを使ったもの。味も香りもまさに「白い恋人」です。
ラング・ド・シャの風味香るミルクアイス
白い恋人の風味がたっぷりある雪見だいふく
ひと口食べると、「雪見だいふく」らしく柔らかい求肥のふわもちっとした食感のあとに、ラング・ド・シャの風味香るミルクアイスが出てきました。全体的に甘い香りに包まれています。

「雪見だいふく」と「白い恋人」のコラボレーションは、まるで初めからこのためにあったような完成度。見事です!

温かい日本茶やコーヒー、紅茶と何にでもあう「ISHIYA監修 雪見だいふく×白い恋人」。この冬のおともにいかがでしょうか?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」