36歳バイト女性、世帯年収150万円の実家暮らしは「家賃や光熱費や敷金礼金など親が払ってくれる」から

All About ニュース編集部は、現在実家暮らしをしている人を対象に、毎月の生活費や貯金額に関するアンケート調査を実施。本記事では東京都品川区在住・36歳女性のエピソードを紹介します。

東京都品川区在住・36歳女性のエピソード
東京都品川区在住・36歳女性のエピソード
実家暮らしを選ぶ理由は、人によってさまざま。経済的な事情や自身の健康状態、家族の介護など、あらゆる事情が考えられます。中には、結婚した後に実家へ帰る決断をした人も。

All About ニュース編集部は、2023年9月11日~10月9日の期間、現在実家暮らしをしている人を対象にアンケート調査を実施。毎月の生活費や貯金額、実家暮らしをしている理由などを聞きました。

今回は、東京都品川区在住・36歳女性のエピソードを紹介します。

回答者のプロフィール&実家の状況

回答者本人:36歳女性
在住:東京都品川区
同居人数:親1人、自分
世帯年収:150万円くらい
実家の間取り:2LDK
職業:アルバイト

生活費や貯金額は?

実家に入れている生活費:5000円
交際費:不明
毎月のお小遣い:1万円くらい
毎月の貯金額:5000~1万円
貯金総額:不明

総務省統計局が発表した「家計調査報告書 家計収支編(2021年)」によると、35〜59歳女性の1カ月の平均消費支出は16万4749円です。そのうち、住居費の平均は2万5360円ですが、家賃などは地域や条件によって差が出てくるので、住居費を除いた14万円程度が回答者の属性に近い平均生活費ということになります。

回答者に、実家を出る予定について聞くと「今のところ予定にない」と回答。恋愛や結婚については、「良い人が居れば交際しても良いかもしれないと思う」と話しました。

「家賃や光熱費など親が払ってくれるので、生活費がかからない」

現在、実家暮らしをしている理由は「あまり収入がない為、家賃を払って一人暮らしする余裕がないから」と告白。

「やはり実家暮らしですと、家賃や光熱費や敷金礼金など親が払ってくれるので、生活費がかからなくて助かる。親に甘えて生活費を出してもらってしまっています」と、経済的な理由のために実家暮らしを続けている旨を説明してくれました。

親にもしもの場合があったとき、生活できるか不安

現状、実家暮らしにおいても不安はあるようです。

「親が具合悪くなってしまった時に困ったりしました。親が働けて元気なうちは良いですが、親が働けなくなったり、介護が必要になったり、亡くなってしまうなど、そういうもしもの場合の事を考えると不安になったりします」と、将来の不安が多く存在することを語っています。

さらに「実家暮らしでの家賃か光熱費のかからない生活に慣れてしまうと、つい親に甘えてしまうので、親が亡くなった後や一人暮らしをはじめたら一人で家賃や光熱費を払い生活して行かれるだろうか?という不安があります」と話し、親の亡き後について今から不安になっている回答者。

将来を見据えて悩みや不安はつきものですが、どうにか自分1人での生活環境を築き、それに慣れる必要がありそうです。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:鎌田 弘 プロフィール
ニュース記事を中心に執筆中のライター。IT企業のメディア担当を経て現在に至る。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は2年。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」