「40歳には出る」38歳パート女性、年収200万円、実家暮らし。残業をして稼ぎたいと語るが……

All About ニュース編集部は、現在実家暮らしをしている人を対象に、毎月の生活費や貯金額に関するアンケート調査を実施。本記事では山梨県甲斐市在住・38歳女性のエピソードを紹介します。

山梨県甲斐市在住・38歳女性のエピソード
山梨県甲斐市在住・38歳女性のエピソード
実家を生活の拠点にしている人は、どのような理由があるのでしょうか。親の介護や職場へのアクセス、自身の健康面の問題など、さまざまな背景が考えられます。

All About ニュース編集部は、2023年9月11日~10月9日の期間、現在実家暮らしをしている人を対象にアンケート調査を実施。毎月の生活費や貯金額、実家暮らしをしている理由などを聞きました。

今回は、山梨県甲斐市在住・38歳女性のエピソードを紹介します。

回答者のプロフィール&実家の状況

回答者本人:38歳女性
在住:山梨県甲斐市
同居人数:両親、自分
世帯年収:自分200万円
実家の間取り:3K
職業:パート

生活費や貯金額は?

実家に入れている生活費:20万円
交際費:2万5000円
毎月のお小遣い:5000円
毎月の貯金額:5万円
貯金総額:5000円

総務省統計局が発表した「家計調査報告書 家計収支編(2021年)」によると、35〜59歳女性の1カ月の平均消費支出は16万4749円です。そのうち、住居費の平均は2万5360円ですが、家賃などは地域や条件によって差が出てくるので、住居費を除いた14万円程度が回答者の属性に近い平均生活費ということになります。

回答者に、実家を出る予定について聞くと「40歳には出る」と回答。

また、恋愛や結婚願望についても「ある」とし、「近くにいながら自分も自立したい」と話しました。

「できる限り親孝行して恩を両親に返してあげたい」

現在、実家暮らしを選択している理由は「両親が足腰が弱いためそばにいて支えてあげたいため」と回答。

「両親も高齢なので、なにかあったときにそばにいないと不安だから。出来る限り実家暮らしをしながら親孝行して恩を両親に返してあげたいなというのが、一番の理由です」と続けています。

健康面に不安のある両親のために、できる限り寄り添いたいという気持ちが伝わってきます。

自由な時間は少ないものの「今の生活が一番すき」

また、実家暮らしでの苦労については「両親と一緒に繰らしておりますので、決まった時間に夕飯とか、お風呂だとか決まりがあるので、自由がない」と告白しました。

「一人暮らしではないから友人を気軽に呼べないのが難点になっております」と、実家暮らしならではの悩みがあることを語っています。しかし、「でも今の生活が一番すきです」とも続けており、悩みはあるものの現状の生活には概ね満足しているようです。現状は、お金に関する悩みについても「とくにありません」と話しています。

その上で、「残業をして頑張って稼ぎたいが、残業で遅くなると両親にも迷惑がかかる」と話す回答者。残業代を稼ぎたいものの、両親には迷惑をかけられないという思いのギャップに多少悩みもあるようです。

両親のために実家暮らしを続ける回答者ですが、その生活は両親にとってだけでなく、回答者にとっても大きなメリットになっていることがうかがえます。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:鎌田 弘 プロフィール
ニュース記事を中心に執筆中のライター。IT企業のメディア担当を経て現在に至る。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は2年。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化