45歳アルバイト男性、元妻に養育費を払うため実家暮らしに。低収入で介護費や生活費を払えるか不安で…

All About ニュース編集部は、現在実家暮らしをしている人を対象に、毎月の生活費や貯金額に関するアンケート調査を実施。本記事では京都府与謝野町在住・45歳男性のエピソードを紹介します。

京都府与謝野町在住・45歳男性のエピソード
京都府与謝野町在住・45歳男性のエピソード
実家暮らしを選択する人には、さまざまな理由があります。経済的事情や親の介護など、そうせざるを得ない理由があることも。中には、1人暮らしをしていたものの、事情により戻らざるを得ないという人もいます。

All About ニュース編集部は、2023年9月11日~10月9日の期間、現在実家暮らしをしている人を対象にアンケート調査を実施。毎月の生活費や貯金額、実家暮らしをしている理由などを聞きました。

今回は、京都府与謝野町在住・45歳男性のエピソードを紹介します。
 

回答者のプロフィール&実家の状況

回答者本人:45歳男性
在住:京都府与謝野町
同居人数:両親、自分
世帯年収:不明
実家の間取り:1軒家
職業:パートアルバイト
 

生活費や貯金額は?

実家に入れている生活費:0円
交際費:3万円
毎月のお小遣い:0円
毎月の貯金額:0円
貯金総額:0円

総務省統計局が発表した「家計調査報告 家計収支編(2021年)」によると、35~59歳男性の1カ月の平均消費支出は18万9753円です。そのうち、住居費の平均は2万9396円。ただし、家賃などは地域や条件によって異なるため、住居費を除いた約16万円程度が回答者の属性に近い平均生活費ということになります。

回答者に、実家を出る予定について聞くと「親のめんどうを見るため」に「なし」との回答。また、恋愛や結婚願望については「どちらともいえない」とし、「この先どうなるかはわからない」と話しました。
 

実家へ戻った理由は「離婚により養育費などを支払うため」

現在、実家暮らしを選択している理由は「以前は近所に一軒家みたいところを賃貸で妻と子供とで住んでいたが離婚したためにそこを引き払い実家に戻った」と回答。

「子供は元妻と一緒にいるため養育費などを渡す必要があるので余計なお金は使わないように実家に住んでいる」と、プライベートな理由と経済的な理由があることを語りました。
 

「低収入のまま親の介護、実家の生活費を捻出出来るのか」

一方で、実家暮らしでは人付き合いに苦労しているという回答者。

「親兄弟など親戚が何事かにおいてウチに来ることが多々あるため人付き合いが苦手な自分としては苦労している」と、苦労を吐露しました。

また、「実家だからというわけではなく田舎だからということだからなのが、地域の役員や祭りなど参加しないとなので苦労する」と田舎での実家暮らしで生じる弊害を語っています。

人付き合いが苦手な人にとっては決して小さくない問題に悩まされていることがうかがえます。

お金に関する悩みについては「今はまだ親が現役で働いているので直接的に生活費を出すことはないが、この先に低収入のまま親の介護、実家の生活費を捻出出来るのかと不安になる」と悩みを告白。

実家暮らしでの将来的なビジョンについて、不安を抱いているようです。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:鎌田 弘 プロフィール
ニュース記事を中心に執筆中のライター。IT企業のメディア担当を経て現在に至る。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は2年。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」