「これ以上の物価高には耐えられない」世帯年収400万円の横浜在住夫婦、1カ月のリアルな収支内訳実態

All About ニュース編集部が6月26日~7月11日に実施した「毎月の支出額・内訳」に関するアンケートから、リアルな生活収支の実態を紹介します。今回は、神奈川県横浜市港北区に住む、69歳男性世帯の生活実態です。

物価や光熱費の高騰、それでも賃金は上がらない現状などによって、以前より生活が苦しく感じる人も多いのではないでしょうか。

All About ニュース編集部が6月26~7月11日に行った「毎月の支出額・内訳」に関するアンケートから、リアルな生活収支の実態を紹介します。自分の収支状況・内訳と照らし合わせるなど、生活の参考にしてみてください。
 

69歳・世帯年収400万円「これ以上の物価高には耐えられない」

世帯年収400万円、横浜在住夫婦のリアルな生活実態
世帯年収400万円、69歳夫婦のリアルな生活実態
今回は、神奈川県横浜市港北区に住む、69歳男性世帯の生活実態です。

夫婦2人暮らしで、夫の年収の400万円で家計をやりくりしているとのこと。現在の生活について、「これ以上の物価高は耐えられません。国民に増税を押し付ける前に、行政改革、無駄をやめて欲しいです」と話します。
 

家賃や食費、光熱費など、リアルな収支状況とやりくりのポイントは?

■神奈川県横浜市港北区、69歳男性世帯の場合
年収:夫400万円、妻0円
家賃・住宅ローン:なし(固定資産税・都市計画税:年間30万円)
間取り:2LDK
食費:6万円
交際費:1万円
電気代:冬季1万6000円(2023年2月)、夏季2万円(2022年8月)
ガス代:冬季3000円、夏季2500円
水道代(2カ月での請求額):3500円
通信費:3500円
車(ガソリン代、駐車場代、保険、その他維持費など):1万円
その他:国民保険料・介護保険料合計3万円(2人分)
貯蓄に回す金額:5000円

生活のやりくりのポイントや節約術は、「買い物はポイントを貯める為、PayPayカードで支払い、電気ガス水道料金もカード払いに。食事は1日2食に抑えて、地域では一番安いオーケーストアで、山崎食パン8枚切り、税抜き87円のパンを買って、朝1枚食べています。それとインスタントコーヒーです」とコメント。

さらに、「ダイソーに行って100円の食品を買い漁っています。インドネシア産のコーヒー50グラム瓶入りが税抜き100円で売っています。それでも、円安145円なので、いつまで買えるのかわかりません。味も香りもない素気ないコーヒーですが、色が茶色なので、コーヒーを飲んだつもりで我慢しています。味も素っ気もなくても、生きていればそれでいいです」と続けました。

今後については、「東京23区よりは安いと言っても、横浜は物価も固定資産税も高いので、田舎にでも引っ越そうかと思います。できれば埼玉の奥地がいいかと思っています。そうなると車は手放せません」と話していました。


※回答者コメントは原文ママです
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在