綾部祐二、又吉直樹との久しぶりのコンビショットにファン歓喜! 「二人の雰囲気が素敵」「再会嬉しかった」

お笑いコンビ・ピースの綾部祐二さんが10月16日、自身のInstagramを更新。アメリカから帰国して久しぶりのコンビショットを披露し、ファンは「最高のライブでした!」と歓喜しています。(サムネイル画像出典:綾部祐二さん公式Instagramより)

お笑いコンビ・ピースの綾部祐二さんが10月16日、自身のInstagramを更新。アメリカから帰国して久しぶりのコンビショットを披露し、ファンは歓喜しています。

【実際の投稿:綾部祐二、久しぶりのコンビショット】

 

「見逃した方は配信でご覧ください!」

「久しぶりに先生と楽しくお喋りできました」と切り出した綾部さんは、2枚の写真を載せています。1枚目は、15日にラフォーレミュージアム原宿で開催された6年ぶりのトークライブ「ピーストークライブ ~本とアメリカ~」の舞台で撮影した相方・又吉直樹さんとのツーショットです。2枚目は、お笑い芸人らとの集合ショットと思われます。

「トークライブを見逃した方は配信でご覧ください! ストーリーのリンクから飛べます!」と呼び掛けた綾部さんには、ファンから「二人の雰囲気が素敵でした」「出待ちしたかったなあ」「再会嬉しかった」「慕われているのが分かります!」「息ぴったりの掛け合い最高でした」「最高のライブでした!」など、歓喜の声が相次いでいます。

 

たくさんのお笑い芸人とのショットも

6年ぶりの帰国とあって、トークライブ以外にもたくさんのお笑い芸人にあいさつに行っていた綾部さん。13日の投稿では明石家さんまさんに、14日の投稿ではダウンタウン・浜田雅功さんにあいさつし、ツーショットをアップしています。

浜田さんには「まず2発蹴り入れられた!」そうです。帰国ライブは大成功に終わり、今後はどのように行動するのでしょうか。またアメリカに戻るのか……。綾部さんの予測不可能な動きには要注目ですね!
 

>次ページ:綾部さんの帰国後ショットを見る!

【綾部祐二さんの著書をチェック!】
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」