シングルマザーにのしかかる500万円の奨学金「生活費が足りなくなりキャッシングを…」

All About ニュース編集部は、奨学金の利用経験がある人を対象にアンケート調査を実施。アンケートで得た回答の中から、今回はシングルマザーとしてフルタイムで働きながら奨学金を返済している20代女性のエピソードを紹介します。

シングルマザーにのしかかる500万円の奨学金「生活費が足りなくなりキャッシングを…」
シングルマザーにのしかかる500万円の奨学金「生活費が足りなくなりキャッシングを…」
大学や大学院に通う学生の教育費を補助する奨学金制度。学生の支援を目的とした取り組みである一方、その返済に苦しむ人がいることでも注目されている制度です。

All About ニュース編集部は、2023年7月26日~9月26日の期間に、奨学金の利用経験がある人を対象にアンケート調査を実施。奨学金の貸与額や返済における工夫、制度に対する不満などを伺いました。

今回は、アンケートで得た回答の中から、シングルマザーとしてフルタイムで働きながら奨学金を返済している20代女性のエピソードを紹介します。

回答者のプロフィール

回答者本人:20代女性
在住:福岡県田川市
家族構成:独身(子あり)
住居形態:賃貸
職業:正社員
年収:450万円
現在の貯金額:0円

回答者の奨学金の状況

借りた奨学金の種類:貸与奨学金
返済状況:現在も返済中
奨学金で利用した金額(総額):500万円
奨学金の返済残高:420万円
奨学金の月々の返済額:2万円
奨学金以外に借入しているもの:カードローン80万、キャッシング20万

独立行政法人日本学生支援機構が実施した令和2年度学生生活調査では、制度を利用している大学生の割合は49.6%、短大生では56.9%であり、約半数の学生が奨学金を受給していることが判明しています。

奨学金を借りた理由は「私立大学への進学」と「上京」

家計を圧迫する500万円の奨学金。

回答者は、「大学進学にあたって、私の学力では国立が難しく私立にしか入れなかったため学費が高額になり、両親と相談した結果奨学金を借りることにしました」と、私立大学への進学をきっかけに奨学金を借りたと話しました。

また、「上京したため生活費もかさみ、学費はぎりぎり払ってあげられるけど仕送りは無理と言われたので奨学金とバイトで生活を賄っていました」と、学業とアルバイトを並行していた当時の学生生活にも言及。

上京による生活費の増大も大きな要因だったと語りました。

生活費が足りず借金することも……

回答者の奨学金返済残高は420万円。「奨学金の返済は月2万ちょっとなのですが、毎月の生活に全く余裕がなく返済はいつもカツカツです」と話しています。

加えて、「生活費が足りなくなりキャッシングやカードローンを利用することもあります」と述べ、カードローンとキャッシングで合計100万円の負債を抱えていると明かしました。

シングルマザーで残業や昇給に制限

多額の奨学金は、現在の暮らしだけでなく、将来の見通しにも大きな影響を与えています。

回答者は、「子供を保育園に預けてフルタイムで働いていますが、急な休みをもらったり残業ができなかったりでなかなか昇給もありません」と話し、「いつになったら払い終わるんだろうという気持ちです」と気持ちを吐露していました。

「この先結婚、車、家などの購入も予定していましたが、正直今の生活だと考えられないです。シングルマザーなので私に何かあったらどうしようという気持ちもあります。早く払い終わってしまいたいです」と将来への希望が見えず、不安な心境を告白しています。

日本学生支援機構の奨学金には返還猶予制度がありますが、利子や元本は一切免除されません。仕事と子育てを一人で担う女性にも、奨学金の返済は容赦なく迫っています。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:てらこ
横浜生まれ横浜育ち。グルメと深夜ラジオを愛するライター。FP2級。銃弾を防ぐ少年団と、ポケットに入るモンスターも大好き。最近の悩みはアイスの買い置きが一瞬でなくなってしまうこと。X(旧Twitter):てらこ@ライター(@TeraWEB1)
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在