若槻千夏、“ズッ友”東原亜希とのギャル時代プリクラショット公開! 「平成のプリえもすぎ」「若いっ」

タレントの若槻千夏さんが、9月15日に自身のInstagramを更新。モデルでタレントの東原亜希さんとの現在と過去のツーショットをそれぞれ公開しました。(サムネイル画像出典:若槻千夏さん公式Instagramより)

タレントの若槻千夏さんが、9月15日に自身のInstagramを更新。モデルでタレントの東原亜希さんとのツーショットを公開しました。

【実際の投稿:若槻千夏、東原亜希との“エモすぎる”ツーショット】
 

「ギャルちなっちゃん可愛すぎ!!」

若槻さんは「17歳の時に東京で初めて出来た友達だから..出会って22年!! ヤバ!!!!」「次プリクラ撮る日が来たら落書きに ズッ友 って書いちゃお」とつづり、2枚の写真を投稿。1枚目ではおそろいのヒョウ柄のジャケットを羽織った現在のツーショットを、2枚目では過去のプリクラショットを公開しました。2人とも若々しいですが、若槻さんは特に金髪と濃いメイクで“ギャル感”が強い印象です。

ファンからは「最高で素敵な親友ですね」「ギャルちなっちゃん可愛すぎ!!」「若いっ」「平成のプリえもすぎる」「やばー!大好きすぎるふたり」「センスずっとブレない感じが好きです」など、称賛の声が多く寄せられています。
 

「WCJ」の新作アイテムを紹介

1枚目で2人が着用したのは、若槻さんがプロデュースを担当するアパレルブランド「WCJ」の「レオパードファージャケット」。若槻さんは同日にInstagramのライブ配信を行い、東原さんと新作アイテムを紹介しました。ライブの様子は若槻さんのInstagramアカウントで公開されているので、気になった人はぜひチェックしてみてください。
 

>次ページ:2人が共演したInstagramライブも見る
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応