洗濯機を買うとき、容量はどう選べばいい?【家電のプロが解説】

これから洗濯機を買おうとしている人の中には、どの容量を選べばいいのか分からないという人もいるのでは。「All About」白物・美容家電ガイドの田中真紀子が選び方のポイントを解説します。

洗濯機を買うとき、容量の選び方にコツはある?
洗濯機の容量はどうやって選べばいい?
洗濯機を買いたいと思っても、どの容量を選べばいいのか分からないという人もいるのではないでしょうか。自分に合う容量の洗濯機を選ぶためのポイントを、「All About」白物・美容家電ガイドの田中真紀子が解説します。
 

(今回の質問)
洗濯機を買うとき、容量はどう選べばいい?

 

(回答)
「1日の洗濯物=1.5キロ/1人」を目安に、家族の人数やライフスタイルに合わせて選びましょう。

 

世帯の人数や洗濯の頻度、洗う物を想定して検討を

一般的に、1日の洗濯物の量は1人あたり約1.5キロと言われています(洋服と肌着、靴下、タオル2枚、パジャマ程度)。とはいえ1.5キロの洗濯機はないので、1人暮らしでももう少し大きいサイズを選ぶことになりますが、4~5キロぐらいあれば十分ではないでしょうか。

4人家族となると1.5キロ×4人分=6キロが目安になります。ただ、家族で共有するタオルなどの洗濯物もあると思いますので、8キロ以上の容量は欲しいところです。

また、人数だけでなくライフスタイルに応じた選び方もおすすめです。例えば、2人暮らしで3日に1回まとめ洗いをするという場合は、10キロぐらいがいいでしょう。毛布やシーツなどの大物を洗いたいという人にも、この程度の容量が便利だと思います。

乾燥機能付きの洗濯機は「乾燥容量」を基準に選ぶといい

注意したいのは乾燥機能付き洗濯機の「乾燥容量」。例えば洗濯脱水容量が11~12キロある場合、乾燥容量は約半分の6キロまでとなっている場合が多く、洗濯から乾燥まで自動で済ませるなら6キロまでということになります。

従って乾燥機能付きの洗濯機は、乾燥容量がどのくらいあるかを基準に選ぶといいでしょう。

ただし、乾燥機能付きの洗濯機でも「乾燥機能を使わない」、または「一部の洗濯物だけを乾燥にかける」という使い方ができますから、乾燥容量が少なくても困らないという人もいると思います。

洗濯機を買う場合は、目安となる「1日の洗濯物=1.5キロ/1人」や各製品の適性容量を参考にしつつ、自分がどのように使いたいかも考えながら選んでみてくださいね。
 

この記事の筆者:田中 真紀子
白物家電、美容家電の専門家兼ライターとして活躍。日々発売される新製品をチェックし、製品の紹介記事やレビュー記事を雑誌やWeb、新聞などで紹介している。日常的にも話題の新製品を使うことで、ライフスタイルに合わせた選び方や、上手な採り入れ方の提案も行っており、テレビ出演も多数。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化