メルカリで「カテゴリ」を変更してほしいと言われました。なぜ? どうすれば?【メルカリのプロが解説】

メルカリに出品したら、「クーポンを使いたいのでカテゴリを変更してください」と依頼がきました。どうすれば? 「All About」ネットオークション・フリマアプリガイドの川崎さちえが解説していきます。

メルカリでカテゴリ変更はしてもいい?
メルカリでカテゴリ変更はしても良い?
メルカリに出品した商品に対して、ユーザーから「カテゴリを変更してください」と依頼がくる場合があります。せっかくの依頼なので変更した方が良いのかなと思ってしまいますが、なぜこのユーザーはそのような依頼をしてきたのでしょうか。また、依頼に応じて変更してしまって良いのでしょうか。

メルカリの「カテゴリ変更」について、「All About」ネットオークション・フリマアプリガイドの川崎さちえが解説してきます。
 

(今回の質問)
メルカリで購入希望者から、カテゴリ別のクーポンを使うためにカテゴリの変更をお願いされました。変更した方が良いですか?

 

(回答)
カテゴリの変更をすると、メルカリのルール違反になる可能性があります。出品者がペナルティを受けることになりかねないので、キッパリと断りましょう。


以下で詳しく解説していきましょう。
 

メルカリのルールを確認しよう

適切なカテゴリに出品しないと、ルール違反になる
適切なカテゴリに出品しないと、ルール違反になる
もともと適切なカテゴリで出品していた商品を、違うカテゴリで出品するのは、メルカリで禁止されている行為の「虚偽の設定、または誤った情報を記載すること」に該当します。

メルカリのルールに反するので、商品の削除や、悪質な場合にはアカウント停止などのペナルティを受けることがあるのです。

参考:虚偽の設定、または誤った情報を記載すること(禁止されている行為)

カテゴリ検索をしたユーザーが勘違いをして購入してしまうと、キャンセルなど後々トラブルが起きてしまう可能性もあります。それを防ぐために、適切なカテゴリで出品するのが前提となっています。
 

他のユーザーが不審に思う場合もある

カテゴリ検索をしているユーザーからすると、全く関係ない商品が表示されて不審に思う可能性があります。商品を探しにくくなることも。もしかしたら、そのようないら立ちを感じたユーザーの通報によってメルカリ事務局が気付き、削除されるというパターンもあるかもしれません。

いずれにせよ、他のユーザーの印象も悪くなるので、カテゴリ変更はやめた方が良いでしょう。

メルカリのルールを理由に断ろう

カテゴリ変更の依頼をしてきたユーザーに対しては、メルカリのルールを伝えて断りましょう。そのユーザーがカテゴリ別のクーポンを使えないのは残念なことですが、出品者はルールを守らなければなりません。

もし本当に欲しい商品であれば、カテゴリ変更をしなくても購入してくれるでしょう。でもクーポンが使えないとなると、ユーザーから値下げの依頼がくるかもしれません。それに応じるかどうかは出品者次第です。出品者が値下げOKならば良いのですが、無理なら断って他のユーザーが購入するのを待ちましょう。
 

この記事の筆者:川崎 さちえ
ネットオークション歴19年、フリマアプリ歴9年。NHK『あさイチ』をはじめとした多数の情報番組に出演し、経験に基づいた実践型のフリマアプリやオークションの魅力を伝えている。  

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは