「了解しました」は敬語として失礼? 上司やビジネスで使える言い換え表現や例文を解説

丁寧な言葉であってもビジネスには向かない表現があります。「了解しました」は日常でもよく聞く言葉ですが、ビジネスシーンでは不適切です。今回は「了解しました」についてフリーアナウンサーの小川厚子が解説します。

「了解しました」は上司に使ったらNG? 正しい敬語や「承知しました」との違い
「了解しました」は上司に使ったらNG? 正しい敬語や「承知しました」との違い

「了解しました」は「わかりました」の敬語表現のつもりで使用している人が多いですが、ビジネスシーンでは不適切な言葉です。

この記事では「了解しました」の正しい敬語について、フリーアナウンサーの小川厚子が解説します。

<目次>
そもそも「了解しました」の意味とは
目上の人に「了解しました」は失礼なので注意
ビジネスシーンで使える「了解しました」の言い換え表現と例文
「了解しました」の言い換えでもっとも丁寧な表現は?
「了解しました」の英語表現
アナウンサーはどう使う使い分ける?

そもそも「了解しました」の意味とは

「了解」とは「自分が相手の事情を理解し発言を認めること」という意味です。

主には、目上の人が目下の人に許可を与えるときに使う言葉です。基本的に、目下の人から目上の人には使いません。

目上の人に「了解しました」は失礼なので注意

ビジネスシーンでは、同僚や部下、上司、取引先などさまざまな人とやりとりをします。

「了解しました」と語尾を丁寧にすれば使っていいと思うかもしれませんが、「了解」という言葉自体が、上の立場の人が目下の人に対して使うと、失礼に当たります。

同僚や部下には「了解しました」、上司や取引先の人には「承知しました」を使うなど、相手に応じた使い分けをするようにしましょう。

関連記事:「承知しました」の意味とは?

ビジネスシーンで使える「了解しました」の言い換え表現と例文

ビジネスシーンで「了解しました」を使うことは可能ですが、目上の人に使うのは失礼にあたります。

ここでは、ビジネスシーンで誰を相手にしても問題なく使える「了解しました」の言い換え表現をご紹介します。


・「承知しました」
上司や取引先の人、目上の方からの依頼や要求を聞き入れるときに「了解しました」の意味で使うことができます。相手の依頼に対して「引き受けました」と伝えたい場合に使用しましょう。

【例文】
A:今週金曜の日までに、資料の準備をお願いします。
B:承知しました。資料の準備をしておきます。
 
A:来週の月曜日にお越しいただけますか。
B:承知しました。来週の月曜日に伺います。

 

・「かしこまりました」
依頼や命令などを承諾するときに適しています。「かしこまりました」はもっとも丁寧な表現で、相手に対し敬意を払うことができます。「承知しました」「かしこまりました」ともにメールの返信にも使用することができます。

【例文】
かしこまりました、早急に手配させていただきます」
「〇〇の件、かしこまりました。」

 

・「わかりました」
「わかる」に丁寧語の「ます」をつけた表現で、上司や目上の人、お客さまにも使える表現です。「承知しました」「かしこまりました」が堅いと感じる状況のときは「わかりました」を使うことも可能です。しかし人によっては失礼に感じる場合もあります。役職の高い方や取引先の人には使わない方が良いでしょう。

【例文】
A:来週の定例会議の資料準備、お願いしてもいいですか?
B:わかりました、すぐに対応します。

 

・「承りました」
「承る」は「受ける」「引き受ける」の謙譲語で、相手の話をつつしんで聞くという意味があります。

【例文】
「担当の〇〇が承りました
「こちらの内容で承りました

 

・「同意いたします」
「同意」、は意見や要求に対する賛成や承諾を意味します。「同意します」の謙譲語なので、ビジネスシーンでも使用することができます。

【例文】
「皆さんの考えに同意いたします

「了解しました」の言い換えでもっとも丁寧な表現は?

「承知しました」「かしこまりました」「わかりました」「承りました」はどれも丁寧な表現ですが、「かしこまりました」がもっとも丁寧な表現です。

「かしこまりました」は「つつしんでお受けいたします」という意味合いが含まれていて「承知しました」より、ややへりくだった表現になります。

「了解しました」の英語表現

・友人や同僚などとの会話での英語表現
Sounds good.(「いいね」「了解」というニュアンスで相手の意見に賛成する気持ちが伝わります)
All right. (「了解です」言い方によっては「いやいや賛同している」ように聞こえるので注意が必要です)

・上司や取引先との会話での英語表現
Of course. /Certainly.(承知いたしました)
Absolutely./Defnitely.(かしこまりました)
Sure./Sure thing.(もちろん)
I agree with you.(あなたに賛成です)
I understand.(了解いたしました)  

アナウンサーはどう使う使い分ける?

「了解しました」は敬語表現ではないため、上司や取引先には使いません。必要に応じて「承知しました」「かしこまりました」を使い分けます。

「承知しました」「かしこまりました」は、ともによく使う言葉です。プライベートで、親しい上司などに対して「承知しました」を使うのは堅苦しい印象になる場合があります。そのような場合は「わかりました」と使う場合もあります。

「かしこまりました」がより丁寧な表現であるため、より丁寧さを重視したいときには「かしこまりました」を使うのが適しています。



■執筆者プロフィール
担当ライター
小川厚子(おがわあつこ)
元NHK岡山放送局キャスター/NHK情報番組メインキャスター/NHKニュースセブンリポーター/NHKラジオ第一ニュース/NHKラジオ第一あさいちばんリポーター。退局後は、POLA・阪急不動産インフォマーシャル・グリコラジオCM・ナレーション、テレビドラマアナウンサー役などフリーアナウンサーとして活動中。こどもアナウンス発声協会講師/印象力アップアドバイザー/神戸市立中学校放送部部活動指導員/企業研修等、話し方講師として活動中。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応