メルカリで「値下げできますか」と聞くのは失礼なの?【フリマアプリのプロが解説】

メルカリでは「値下げ交渉」が頻繁に行われていますが、公式ルールではありません。そもそも、「値下げできますか」と聞くこと自体アリなのでしょうか?

メルカリで「値下げできますか」と聞くのは失礼なの?
メルカリで「値下げできますか」と聞くのは失礼なの?
メルカリではユーザー同士が了解している「ローカルルール」があります。その1つが値下げ交渉。メルカリではよく行われることですが、実はユーザーにとって悩みのタネになることもあります。今回はこの値下げ交渉に関して、「All About」ネットオークション・フリマアプリガイドの川崎さちえが回答します。
 

(今回の質問)
メルカリで「値下げできますか」と聞くのは失礼なの?

 

(回答)
出品者によっては失礼になることもあります。どうしても交渉したい場合には、具体的な金額を伝えた方がやりとりがスムーズになることが多いでしょう。


以下で詳しく解説していきます!
 

まずはプロフィールの確認をしよう

値下げ交渉はメルカリが公式に認めているルールではないので、出品者は応じなくても問題ありません。しかしメルカリ内では値下げ交渉が暗黙の了解になっているところもあるので、交渉を受け付けない出品者はあえてプロフィールや商品説明文に「値下げはできません」と書いていることがあります。

このように「値下げNG」の記載があるにもかかわらず「値下げできますか」とコメントした場合には、プロフィールも商品説明文もきちんと読んでいないことになるので、出品者に「失礼なユーザー」だと思われてしまうこともあります。
 

そもそも「値下げできますか」は曖昧な質問

購入を考えているユーザーは、出品者に確認をするために「値下げできますか」と質問をしますが、出品者からすると少々曖昧なコメントだと受け止められる可能性もあります。というのも、具体的な金額が記載されておらず「では、いくらなら買うの?」と出品者は考えるからです。

出品者は商品を買ってほしいとは思うものの、「できるだけ高い値段で売りたい」と考えます。そして売れる値段を提示していくのですが、この価格を考えるのが意外と面倒なのです。
 

コメントをする前に出品者の気持ちを考えよう

もし出品者から値下げ可能な価格を提示しても、「検討します」と返事をするユーザーもいます。出品者からすれば、「だったら買いたい金額を言って!」と思ってしまうものです。コメントをしたユーザーは出品者の出方を見ているのでしょうけれど、自分が出品者だったらどう感じるでしょうか。

値下げ交渉の際には、自分が買いたい金額を提示した方が出品者も答えやすいですし、何度もコメントのやりとりをせずに済みます。
 

「値段を勝手に決めないでほしい」と思っている出品者もいる

買いたい金額を具体的に提示してほしいと思う出品者がいる一方で、「勝手に金額を決めないで!」と思っている出品者もいます。つまり買いたい金額の提示はしないでくださいということです。

買いたい金額を提示されてもそれでは売ることができない場合もありますし、「値段を決めるのはこちら」という強い意志があるのかもしれません。そのような考えの出品者はプロフィールにその旨を書いていることが多いです。そういう意味でも、値下げ交渉の際にはプロフィールの確認をした方がよいでしょう。
 

出品者に対してコメントしない方がよいこと

「値下げできますか」のほかにも、出品者に対してはコメントしない方がよいことがあります。

■「明日発送できますか?」
発送のタイミングは「発送までの日数」として商品画面に表示されています。もし「1〜2日」で設定されていれば「明日発送できますか?」と聞いても対応可能かもしれません。しかし「2〜3日」「4〜7日」で設定されていた場合、出品者は「発送までの日数を確認して!」と思ってしまいます。ずいぶん自分勝手なユーザーだなと思われるかもしれません。

■「本物ですか?」
ブランド品などに多い質問です。偽物を警戒しているのは分かりますが、本物の証明をして出品している出品者に対しては失礼になる質問です。出品者からすれば「偽物だと思うなら買わなくても結構です」となってしまうので、最悪の場合ブロックされることもあります。

メルカリは多くの人が利用しているフリマアプリです。自分の感覚で対応してしまうと、相手を怒らせることもありますから、コメントする場合、特に値下げ交渉をしたい際には相手の気持ちになって考えることも大切ですね。
 

この記事の筆者:川崎 さちえ
ネットオークション歴19年、フリマアプリ歴9年。NHK『あさイチ』をはじめとした多数の情報番組に出演し、経験に基づいた実践型のフリマアプリやオークションの魅力を伝えている。  

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは