「リストラにあい実家へ」50歳男性、年収200万円、父と2人暮らし。実家暮らしの”意外な生活費”に苦労

All About ニュース編集部は、現在実家暮らしをしている人を対象に、毎月の生活費や貯金額に関するアンケート調査を実施。本記事では東京都東久留米市在住・50歳男性のエピソードを紹介します。

東京都東久留米市在住・50歳男性
東京都東久留米市在住・50歳男性のエピソード

実家暮らしを選ぶ理由は、人によってそれぞれ異なります。中には、経済的な事情、職場へのアクセス、自身の体調など、さまざまな事情を抱えている場合も。

All About ニュース編集部は、2023年7月18~27日の期間、現在実家暮らしをしている人を対象にアンケート調査を実施。毎月の生活費や貯金額、実家暮らしをしている理由などを聞きました。

今回は、東京都東久留米市在住・50歳男性のエピソードを紹介します。
 

回答者のプロフィール&実家の状況

回答者本人:50歳男性
在住:東京都東久留米市
同居人数:父親、自分
世帯年収:父親350万円、自分200万円
実家の間取り:1軒家3LDK
 

毎月の生活費や貯金額は? 

実家に入れている生活費:5万円
交際費:1万円
毎月のお小遣い:1万円
毎月の貯金額:3万円
貯金総額:400万円

総務省統計局が発表した「家計調査報告書 家計収支編(2021年)」によると、35〜59歳男性の1カ月の平均消費支出は18万9753円です。そのうち、住居費の平均は2万9396円ですが、家賃などは地域や条件によって差が出てくるので、住居費を除いた16万円程度が回答者の属性に近い平均生活費ということになります。

回答者に、実家を出る予定の有無を聞くと、現時点では「どちらともいえない」とし、「ひとりで暮らすには広いので、アパートを借りて住むかもしれない」と、今後の可能性についても言及。さらに、恋愛や結婚願望は「ある」と答え、「結婚願望はありますが、私は重度障害者のため自分のことで余裕がない」と、自身の事情についても話しました。
 

1人暮らしをしながら働いていたが、リストラにあい実家へ

現在、実家暮らしを選んでいる理由を聞くと「20年前まで一人暮らしをしながら働いてましたが、リストラにあい実家に戻ってきました」と、実家に戻った経緯を告白。

さらに、「重度障害者のため通勤だけで疲れてしまうので、今現在在宅勤務を7年続いています。 実家暮らしを選んだと言うよりも、タイミングだったと思います」と続けました。
 

冬は電気代とNHK代がかさみ、「トータル5万5千円」の支払いに苦労

実家暮らしで苦労していることは「父親が朝起きるのが早いので、私も起きるようにしています」と、共同生活ならではの事情を吐露。「ドラマや野球中継を見てしまうと寝るのが遅くなるので、ドラマを録画して朝見るようにしています。起きていても何も言われませんが、次の日がしんどいので早めに寝るようにしています」と、続けました。

また、「ジェイコムの料金を数年前から自分が払うようになって、こんなに料金とるの?と驚いてます。特に冬になると、電気代とNHK代がかかるので、トータル5万5千円は支払っています」と、生活費に関する苦労も明かしました。

実家で生活する上では、互いの生活リズムを尊重し合うことも大切なポイントになりそうですね。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:鎌田 弘 プロフィール
ニュース記事を中心に執筆中のライター。IT企業のメディア担当を経て現在に至る。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は2年。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望