メルカリで購入者から返事なし。確認したいことがある場合どうすれば良い?【メルカリのプロが解説】

メルカリで商品が購入された後、購入者に確認したいときに連絡が取れない場合はどうすれば良いのでしょうか。「All About」ネットオークション・フリマアプリガイドの川崎さちえが解説していきます。

購入者に確認したいことがあっても返事がない場合はどうする?
メルカリで購入者に確認したいことがあっても返事がない場合、どうする?
メルカリで商品が購入されたら、購入者とあいさつ程度のやりとりをすることもあります。メルカリのテンプレートを活用すると楽ですね。でもそれ以外に確認したいことがあれば購入者に連絡しますが、返事がない場合も。そのようなことが起きたら、出品者はどうすれば良いのでしょうか。「All About」フリマアプリガイドの川崎さちえが解説していきます。
 

(今回の質問)
メルカリで購入者に連絡をしたところ返事がありません。確認したいことがある場合どうすれば良いでしょうか?

 

(回答)
商品に問題がない場合には、購入者と連絡が取れなくても期日を決めて発送しましょう。もし商品に問題が起きてしまったら、キャンセルの手続きを進めます。


以下で詳しく解説していきます。
 

購入者に確認したいのは、どんなこと?

まずは、出品者が購入者にあいさつ以外でメッセージを送る場合、どんな内容が多いのでしょうか。

■配達日時の指定があるか
購入された商品が食品の場合、購入者が受け取れる日時を指定してもらった方が、安心して発送ができます。メルカリでは冷凍や冷蔵の食品を販売することはできませんが、野菜や果物などの場合には早めに受けとってほしいもの。そのような場合は、出品者が配達日時の指定があるかどうかを確認した方が良いでしょう。

■購入前のコメントで購入者から質問があった場合
購入前にコメントがあった場合、例えば「発送先を変えてほしい」などの相談があれば、購入者自身が送り先を変更もできます。ただしこれはメルカリ便を使う場合です。出品者がメルカリ便を使わないならば、取引がスタートした時点で商品の送り先が分かるのですが、前もって質問があったならば念のため確認をした方が無難です。「購入前に送り先を変えてほしいとコメントがありましたので、念のため確認させてください」という内容です。

このようなメッセージを送っても購入者から返事がない場合、出品者はどうすれば良いのかというと……。
 

期日を超えたらそのまま発送してしまう

購入後、発送先や商品について購入者へ確認を取りたいけれど返事がこない場合はどうしたらよいでしょうか。

先ほどの「購入前に送り先を変えてほしいとコメントがありましたので、念のため確認させてください」というメッセージでも、「購入前に送り先を変えてほしいとコメントがありましたので、念のため確認させてください。2日以内にお返事がない場合には発送します」とすれば、返事がなくても問題なく発送できます。

出品者が購入者にコメントを送る場合、重要なのは返事の期限を決めることなのです。
 

もし発送後に返事があったら?

返事の期日を過ぎて出品者が発送した後、購入者から返事があるかもしれません。配達日時の相談であれば、追跡番号を使って購入者から配当会社に連絡ができます。またクロネコメンバーズに登録をしていれば、オンラインで変更が可能ですから、その旨を伝えましょう。
 

確認したいことが商品に関わる大切なことの場合も

購入者に確認したことが、商品に関する重要なことである場合もあります。例えば破損をしてしまい、出品者からキャンセルの申し出をしたい場合です。基本的には購入者の同意が必要になりますが、メルカリの問い合わせから事務局に連絡をするとキャンセルが成立する仕組みにはなっています。破損や紛失では、取引続行が難しいからです。

出品者が購入者への確認事項があっても、すぐに返事がくるとは限りません。少し余裕をもって対応していきたいですね。でも、出品者にも早く片付けたい、売上金をゲットしたいという気持ちがありますから、期日を決めて進めていくと良いのではないでしょうか。
 

この記事の筆者:川崎 さちえ
ネットオークション歴19年、フリマアプリ歴9年。NHK『あさイチ』をはじめとした多数の情報番組に出演し、経験に基づいた実践型のフリマアプリやオークションの魅力を伝えている。  

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」