「え、えぐない?」Snow Man・渡辺翔太、圧巻ボディあらわな“はだけ”ショットを披露! 「破壊力すご」

雑誌『anan』(マガジンハウス)公式X(旧Twitter)が、8月7日に投稿を更新。Snow Manの渡辺翔太さんが表紙を飾った9日発売の2360号の写真を公開しました。(サムネイル画像出典:『anan』公式Xより)

雑誌『anan』(マガジンハウス)公式X(旧Twitter)が、8月7日に投稿を更新。9日発売の2360号の表紙カットを公開しました。

【実際の投稿:渡辺翔太、色気たっぷりな表紙カット】
 

「美しすぎてえっちすぎてしんどいです」

同アカウントは「8/9発売 『#愛とSEX』特集の表紙に #SnowMan の #渡辺翔太 さんが登場! 極限まで魅せてくれた #艶至高美肌 は必見」とつづり、1枚の写真を投稿。Snow Manの渡辺翔太さんが飾った表紙カットを公開しました。分厚い胸板や腹筋がちらりと見える上半身がはだけたセクシーショットで、色気があふれる艶っぽい表情を見せています。

ファンからは「ちょやばいな心臓いたい」「けしからん身体!」「頭が追いつかないほどやばいよ」「美しすぎてえっちすぎてしんどいです」「え、えぐない?」「うっ破壊力すご」など、称賛の声が多く寄せられています。
 

名物企画「愛とSEX」特集の表紙に起用

今号は人気芸能人を起用したセクシーな表紙に毎年注目が集まる、同誌の恒例企画「愛とSEX」特集。これまでにも山田涼介さんや中島健人さんら、ジャニーズ事務所のメンバーが表紙モデルを務めていました。同誌内では渡辺さんのソロカットがほかにも載せられているようなので、気になった人はぜひチェックしてみてください。
 


>次ページ:『anan』公式Xのほかの投稿も見る
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応