本田真凜、まるでカップルのような肩組みツーショット公開! 25歳になった兄の誕生日を祝福

フィギュアスケート選手の本田真凜さんが、8月3日に自身のInstagramを更新。兄で元フィギュアスケート選手の本田太一さんとの仲良しツーショットを披露しました。(サムネイル画像出典:本田真凜さん公式Instagramより)

フィギュアスケート選手の本田真凜さんが、8月3日に自身のInstagramを更新。兄で元フィギュアスケート選手の本田太一さんとのツーショットを披露しました。
 

【実際の投稿:本田真凜、兄・太一さんとのツーショット公開】
 

仲良しな雰囲気のツーショット

真凜さんは「兄貴よ。まだセーフかい?誕おめ!」とつづり、太一さんとのツーショット2枚を載せています。真凜さんは、茶色のコートと白いスニーカーを着用。太一さんはマスク姿で、エメラルドグリーンのセーターに紺色のジャンパー、黒っぽいパンツと白いスニーカーを着用しています。冬場に撮影された写真のようです。

2人は、はしゃぐような表情で肩を組みピースしていて、とても仲が良さそうな、まるでカップルのような雰囲気が漂っています。太一さんは2日に、25歳の誕生日を迎えていました。忙しい中でもきょうだいを思う気持ちが、とてもすてきですね。
 

家族ショットを公開

日頃から真凜さんは自身のInstagramで、家族ショットをたびたび公開しています。7月30日には、フィギュアスケート選手でタレントの本田紗来さんとの姉妹ショットを披露。ファンからは「癒されたし元気になりました」「2人ともかわいい〜!」「肌が透き通ってとてもきれい」といった声が寄せられました。今後も、すてきな家族ショットを楽しみにしたいですね!
 



>次ページ:妹・本田紗来さんとのツーショットも見る
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応