山崎賢人、中性的なモデルショットに「キングダムとは真逆の賢人さん」「まじでこの写真で白米食える」と反響!

俳優の山崎賢人さん(※崎はたつさき)は7月28日、自身のInstagramを更新。中性的なモデルショットを公開し、「やばいかっこよすぎて」と反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:山崎賢人さん公式Instagramより)

俳優の山崎賢人さん(※崎はたつさき)は7月28日、自身のInstagramを更新。中性的なモデルショットを公開しました。

【実際の投稿:山崎賢人、モデルショット公開!】
 

「めちゃかっこいい」

山崎さんは「『エル・ジャポン』9月号特別版本日発売!」とつづり、自身の写真を4枚載せています。中性的な雰囲気があふれるモデルショットです。アンニュイな表情を見せたり、流し目でカメラを見つめたりしています。普段の山崎さんとは異なるオーラがすてきです。

コメントでは、「やばいかっこよすぎて」「同じ世界に生まれてきてくれて感謝」「最高すぎて脳内お花畑」「めちゃかっこいい」「モデル賢人くん最高です」「キングダムとは真逆の賢人さん」「まじでこの写真で白米食える」と、称賛の声が多数上がっています。
 

『エル・ジャポン』の表紙を飾る山崎さん

山崎さんはファッション誌『エル・ジャポン』9月号特別版(ハースト婦人画報社)に登場。表紙を飾り、さらに通常版よりも多い9ページの特集が組まれているようです。気になる人は、ぜひチェックしてみてくださいね!
 

>次ページ:『エル・ジャポン』9月号特別版の表紙も見る!
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『キングダム 大将軍の帰還』は大沢たかおがMVP。それでも、さすがに気になる“テンポの鈍重さ”

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示