【関西版】2023年上半期テレビ番組出演本数ランキング! 2位「山内健司(かまいたち)」、1位は?

ニホンモニターが発表した「2023上半期タレント<関東・関西>番組出演本数ランキング」から、関東版の結果を紹介します(画像出典:山内健司さんの公式Insgatram)。

ニホンモニターは、2023年1月1日~6月25日のテレビ番組出演者と出演番組数を基に「2023上半期タレント<関東・関西>番組出演本数ランキング」を発表。本記事では、関西版のランキング結果を紹介します! 対象局はNHK大阪、読売テレビ、朝日放送、毎日放送、テレビ大阪、関西テレビです。
 

>20位までの全ランキング結果を見る
 

第2位:山内健司(かまいたち)281番組

2位は、お笑いコンビ「かまいたち」の山内健司さんでした! 2004年に相方の濱家隆一さんとともに、かまいたちを結成。2007年「R-1ぐらんぷり2007」準決勝進出、2017年には「第10回 キングオブコント」優勝と、着実に実績を積み重ねています。
 

2023年上半期は、『これ余談なんですけど・・・』(ABCテレビ)や『かまいたちの知らんけど』(毎日放送)、『かまいたちの机上の空論城』(カンテレ・フジテレビ系)といった番組に出演し、司会者としての場数も増えています。
 

第1位:川島明(麒麟)285番組

1位は、お笑いコンビ「麒麟」の川島明さん。2位の山内健司さんは4番組差でした。麒麟は「M-1グランプリ2001」第5位、第23回「ABCお笑い新人グランプリ」優秀新人賞など、地道に力をつけてきたお笑いコンビです。
 

川島さんの2023年の出演数は、『川島&ノブ ウダ馬なし』『麒麟川島のウマおもろいグランプリ京都大笑典』(ともにカンテレ・フジテレビ系)など285番組。『ラヴィット!』(TBS系)のメイン司会やテレビドラマなどにも出演するほか映画監督にも挑戦し、マルチな才能を発揮しています。
 

>20位までの全ランキング結果を見る


この記事の筆者:斉藤 雄二
執筆歴5年ほどのWebライター。趣味は読書とフィットネス。得意なジャンルはモノ系、スポーツ、車、音楽、インテリア、投資やお金関連、料理。最近は愛車のfiat500でドライブに出かけるのが楽しみです。
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応