「安村かよ!」えなこ、まるで“裸”なポーズにファンもん絶! 「ハートが焼かれました」「いただきます!」

コスプレイヤーのえなこさんは7月1日、自身のInstagramを更新。まるで裸のように見える際どい1枚を公開しました。(サムネイル画像出典:えなこさん公式Instagramより)

コスプレイヤーのえなこさんは7月1日、自身のInstagramを更新。まるで裸のように見える際どい1枚を公開しました。
 

【実際の投稿:えなこ、まるで裸なセクシーショット】
 

「安心してくださいのポーズじゃん」

えなこさんは「包み焼きえなこ」と一言つづり、1枚の写真を公開。大きなアルミホイルの上に体育座りでポーズを取っています。着用している服の布面積が少なく、かつ体育座りのため、まるで何も着ていないようにも見えます。
 

ファンからは「こちらのハートが焼かれました」「いただきます!」「おっぱいが、美味しそう」「一滴残らず食べ切ります」のほか、「安心してくださいのポーズじゃん」「安村かよ!」など、「安心してください、はいてますよ」の一発芸で知られるお笑いタレント・とにかく明るい安村さんのようだとのツッコミもありました。
 

6月には2ndコスプレ写真集を発売

コスプレイヤー、YouTuberなどとして活躍するえなこさんは、6月21日に自身2冊目となるコスプレ写真集『えなこ cosplayer 2』(集英社)を発売。『銀魂』『SPY×FAMILY』『チェンソーマン』『ドラゴンボール』『NARUTO』『ONE PIECE』など、人気作品とコラボした豪華コスプレを披露しています。気になる人はぜひチェックしてみては。



>次ページ:写真集の表紙も見てみる!

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」