櫻井翔、嵐の公式Instagramを更新! 久々の投稿に「これは大事件」「公式が動いた泣いてる」と歓喜の声

アイドルグループ・嵐の公式Instagramは、7月2日に投稿を更新。櫻井翔さんとアメリカの歌手、ブルーノ・マーズさんとのツーショットを公開しました。(サムネイル画像出典:嵐公式Instagramより)

アイドルグループ・嵐の公式Instagramは、7月2日に投稿を更新。櫻井翔さんとアメリカの歌手、ブルーノ・マーズさんとのツーショットを公開しました。

【実際の投稿:櫻井翔、ブルーノ・マーズとのツーショット公開】
 

「えこれは大事件だねやばすぎる...」

同アカウントは、「インタビュー後に、Brunoのセルフィーにて。じっくり、ゆっくり"音楽"についてお話を伺えて、とても楽しい時間でした」とつづり、櫻井さんとブルーノさんとのツーショットを投稿しました。

コメントでは、「翔くん、ブルーノ・マーズさんに会えて良かったね」「翔くんのその優しい微笑みが大好きなんだよ」「翔くんステキな写真ありがとう」など、豪華なツーショットに絶賛の声が相次いでいます。

また、メンバーが同アカウントの投稿を更新したのは約2年ぶり。久々の投稿に「嵐の公式が久しぶりに動いてうれしい」「嵐公式アップありがとうございます!元気出ました」「公式が動いた泣いてる」「えこれは大事件だねやばすぎる...やばいよやばい公式アカウントやばい、ありがとう翔ちゃん」など、歓喜の声が寄せられています。
 

ブルーノさんは来年1月に東京ドーム公演を開催予定

2人は、1日に放送された『THE MUSIC DAY 2023』(日本テレビ系)で共演。緊急来日したブルーノさんに、櫻井さんがインタビューをするVTRも放送されました。また、ブルーノさんは2024年1月に東京ドーム公演の開催を発表。1年2カ月ぶりの来日公演に、大きな期待が集まっています。
   

>次ページ:ブルーノさんの東京ドーム公演の詳細を見る
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」