「貯金もできずカツカツの状態」世帯年収600万円・子2人、1カ月のリアルな収支内訳とは?

All About編集部が6月26~27日に実施した「毎月の支出額・内訳」に関するアンケートから、リアルな生活収支の実態を紹介します。今回は、長崎県長崎市に住む、30歳女性の世帯の生活実態です。

物価や光熱費の高騰、それでも賃金は上がらない現状などによって、以前より生活が苦しく感じる人も多いのではないでしょうか。

All About編集部が6月26~27日に行った「毎月の支出額・内訳」に関するアンケートから、リアルな生活収支の実態を紹介します。自分の収支状況・内訳と照らし合わせるなど、生活の参考にしてみてください。
 

30歳・世帯年収600万円の4人家族「貯金もあまりできておらずカツカツの状態」

今回は、長崎県長崎市に住む、30歳女性世帯の生活実態です。

子どもが2人の4人家族世帯で、夫の年収500万円、妻の年収が100万円。現在の生活について、「物価高の為、食費代が思うように節約できなくて貯金もあまり出来ておらずカツカツの状態で生活をしています」と話します。
 

家賃や食費、光熱費など、リアルな収支状況とやりくりのポイントは?

■長崎県長崎市、30歳女性の世帯の場合
年収:夫500万円、妻100万円
家賃:3万5000円
間取り:3DK(アパート)
食費:5万円
交際費:1万円
電気代:8000円
ガス代:7000円
水道代(2カ月での請求額):1万3000円
通信費:3万円
車:ガソリン代5000円、保険3万円
その他:保育代7000円
貯蓄に回す金額:1万円

生活のやりくりのポイントや節約術を聞くと、「気軽に外食、コンビニを使わないようにしています。お風呂の残り湯を使って風呂掃除したり明るいうちはなるべく電気をつけないようにしています」と教えてくれました。

今後の計画としては、「1番下の子どもが小学校に上がったタイミングで私の仕事時間を増やそうと思っています。さらに通勤しやすい場所へ引越しを考えています」とのことでした。


※回答者コメントは原文ママです
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」