テレビ番組のお墨付き! 1枚800円の「バスタオル」を10カ月使ってみた結果……【比較画像あり】

テレビ番組『サタデープラス』(MBS・TBS系)の人気コーナー「ひたすら試してランキング」のバスタオル企画で堂々1位になった、タオル研究所のバスタオルを10カ月使った感想をご紹介します。

100円ショップで税込110円で売られている物もあれば、有名ブランドで1万円近くする物もあるタオル。しかし価格と使用感が正比例しているわけではないため、高いお金を払ったからといって、お気に入りのタオルと確実に出会えるとは限りません。

2022年8月末、テレビ番組『サタデープラス』(MBS・TBS系)の人気コーナー「ひたすら試してランキング」で、税込3300円以下のバスタオルを比較してランキングするという企画をやっていました。

アナウンサーが12時間かけて12種類のバスタオルの吸水性、速乾性、ふんわり感、肌触りの良さ、耐久性をチェックし、ランキング化したものです。
タオル研究所
テレビ番組で1位になった「タオル研究所」のバスタオル​​​​​

そこで堂々1位になったのは、タオルメーカー・伊澤タオルの「タオル研究所 [ボリュームリッチ]#003」(3枚セット 税込2400円 ※番組調べ)でした。なんと1枚800円という価格で1位を獲得したのです。

番組終了後、筆者は1位を獲ったタオル研究所のバスタオルを入手。約10カ月使用した感想をリポートします。

タオル研究所のタオルは何が違う?

タオル研究所のタオル
糸の繊維を限界まで緩くねじり合わせて作られている

番組企画では、肌触りの良さで1位、耐久性で満点を獲得していました。このタオル、糸の繊維を限界まで緩くねじり合わせて作られているそう。確かにフワ~っとした肌触り。エアリー感があります。 

タオル研究所のタオル比較
左:タオル研究所のバスタオル、右:他社のタオル(価格はタオル研究所のバスタオルの2倍)

画像の向かって左がタオル研究所のバスタオル。右は他社のバスタオルで、価格としては2倍ほどする物です。

タオル研究所のバスタオルの方が、繊維がゆるく作られているのが分かります。肌触りはもちろん良いですし、吸水性が高いことを髪を乾かすときに実感できます。 

耐久性
左:約10カ月使用したバスタオル、右:新品のバスタオル

タオル研究所のバスタオルがあまりにも良く、10カ月後に追加購入しました。画像の向かって左が2022年の夏の終わりから使っているタオル研究所のバスタオル。そして右が先日追加購入したバスタオルです。

違いが分かりますでしょうか? ……分からないですよね。ほぼ違いがないのです! 使い始めて10カ月たっても使用感が変わらず、新品の物と見た目の差もありませんでした。

使っていた10カ月は3枚のバスタオルをローテーションで使っていたので、毎日洗濯していたというわけではありませんが、かなりの回数洗濯をしてきています。それでも購入時と変わらぬ状態を保てているというのは、耐久性が高い証拠でしょう。
 

タオル研究所のタオルは種類も豊富

タオル研究所の商品は、バスタオル以外もアウトドアに使いやすいサイズのタオルや、外出先で使うためにかばんの中に入れておいてもかさばらないサイズのタオル、キッチンで使えるサイズのタイルなど、さまざまなタオルを発売しています。
種類も豊富
タオル研究所のタオルは種類も豊富

タオルの使い心地の良さと、お値段の手頃さから、家中のタオルをタオル研究所の物にしたいという衝動にもかられます。大手ネット通販サイト(Amazonはこちら)で購入できますので、気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。

※バスタオルの価格はテレビ番組放送時から変わっています(2023年7月7日時点)。


この記事の執筆者:矢野 きくの
家事アドバイザー・節約アドバイザー。女性専門のキャリアコンサルタントを経て、女性が働くためには家事からの改革が必要と考えて現職に。家事の効率化、家庭の省エネを中心に、テレビ、雑誌、講演ほか企業サイトや新聞で連載。テレビのクイズ問題の作成や便利グッズの開発にも携わる。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応