恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」 第75回

「鉄道博物館」で寝台特急ブルートレインの写真展を開催! 見どころは?

鉄道博物館では9月25日まで、「鉄道写真家・南正時作品展 ブルートレイン 夢の旅路へ」を開催中。内覧会で発表された見どころをチェックしていこう。

ブルートレインの誕生から終焉まで

写真と共にヘッドマークや模型も展示されている

 

写真撮影のエピソードを語る南正時氏(内覧会にて)

 

写真展の見どころ

食堂車のクルーを撮影したコーナー
 
A寝台個室(オロネ25、のちに「シングルデラックス」と命名)を再現したモックアップ

 

1970年代に日本最長距離運転だった「富士」

筆者が乗車した時の寝台特急「富士」特急券&寝台券(個人所蔵)

 

鉄道博物館の展示車両に特別ヘッドマーク、バックサインの取り付け

急行時代の「出雲」をほうふつとさせるヘッドマーク付きのC57
 
普段は「あさかぜ」だが、会期中は「富士」に変身中


>記事に戻る
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『キングダム 大将軍の帰還』は大沢たかおがMVP。それでも、さすがに気になる“テンポの鈍重さ”

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も