2010年代月9ドラマでハマり役だった主演俳優ランキング! 3位『失恋ショコラティエ』石原さとみ、TOP2は?

2010年代の月9ドラマで“ハマり役”だったと思う主演俳優ランキング! 松本潤さんの相手役として小悪魔的な“あざと可愛さ”を見せつけた『失恋ショコラティエ』の主演、石原さとみさんを抑えた1位は?(サムネイル画像出典:アフロより)

石原さとみさん
写真:つのだよしお/アフロ

7月から始まるフジテレビの「月9」ドラマは、間宮祥太朗さんがダブル主演を務める『真夏のシンデレラ』です。真夏の海を舞台にした8人の男女が織りなす“王道恋愛ドラマ”で、「月9」としては7年ぶりのラブストーリーとして注目を集めています。

All About編集部は、5月29日〜6月12日の期間、全国10〜60代の男女378人を対象に、“王道恋愛ドラマ”が多かった「2010年代の月9ドラマ」に関する独自アンケート調査を実施しました。今回はその中から、2010年代の月9ドラマで“ハマり役”だったと思う主演俳優ランキングを紹介します。

>18位までのランキング結果
 

第3位:石原さとみ『失恋ショコラティエ』

第3位は、2014年に放送された『失恋ショコラティエ』で主演を務めた石原さとみさん。石原さんが演じる最強天然系小悪魔な人妻・吉岡沙絵子にいちずな思いを寄せ、沙絵子と結ばれることを夢見る一流のショコラティエ、小動爽太役を松本潤さんが演じました。

第1子の妊娠、出産のため、2022年より芸能活動を休止していた石原さんが1年9カ月ぶりに俳優復帰する映画『ミッシング』が2024年に全国公開されることが発表され、久々の石原さん主演の作品に期待が寄せられています。

回答者からは、「とにかく可愛かったです。小悪魔的な役なんですが憎めなくて、これこそあざと女子です(49歳女性)」「失恋ショコラティエは、石原さとみじゃないとあのぶりっ子のかわいさの破壊力が伝わらない(20歳女性)」「あざとさもしっかり見せつつ芯がある女性であることも表現されていて見ていて『可愛い!』と思える演技だった(37歳女性)」など、これこそ「あざと可愛い」の代表との声が多く寄せられました。
                  

第2位:福山雅治『ガリレオ(第2シーズン)』                        

第2位は、2013年に放送された『ガリレオ(第2シーズン)』の福山雅治さん。容姿端麗、頭脳明晰(めいせき)でスポーツも万能な反面、子どもが嫌いで理屈屋という強烈な個性を持った天才物理学者・湯川学を演じました。第1シーズンでタッグを組んでいた柴咲コウさん演じる内海薫に変わる新しい相棒・岸谷美砂役を演じたのは、吉高由里子さん。強い個性のぶつかり合いが爽快で、2人の掛け合いも見どころです。

回答者からは、「イケメンでクールなのに程よく変態性が出ていて良かった(40歳女性)」「口調や仕草が少し変わった研究者らしくて面白い。独特の声のトーンがマッチしていた(31歳女性)」「歌手でありながら、俳優としても存在感があり、こんな演技もできるんだとそのギャップと変人役がはまって良かった(55歳男性)」など、歌手も俳優もこなす多才さと独特な雰囲気を持つ福山さんが、個性的な主人公のキャラクターにぴったりだったとの声が多数寄せられました。
                        

第1位:山下智久『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 2nd season/3rd season』        

第1位は、2010年に放送された『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 2nd season』、2017年に放送された『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 3rd season』で主演を務めた山下智久でした。山下さんが演じる、“フライトドクター”を目指す主人公・藍沢耕作も3rd seasonでは10年以上のキャリアを積み、候補生を指導する立場に。シーズンを通して医師として成長していく姿に感銘を受けた人も多いようです。

回答者からは、「ポーカーフェイスだけど根は熱く、っていうこの役は山P以外考えられないなと思います(27歳女性)」「優しいけどぶっきらぼうなところが山Pの元々の印象とかぶるところがあった(33歳女性)」「極限状態での診断のクールさは山下智久さんのイメージとハマっているように思えたから(56歳男性)」など、冷静でクールながらも、熱いものを秘めている主人公のキャラクターが山下さんのイメージとぴったりとの声が上がりました。


>次ページ:18位までのランキング結果を見る
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた