「春ドラマで演技が光っている女優」ランキング! 2位「波瑠」を抑えた1位は?

WonderSpaceが150人を対象に「女優」に関するWeb調査を実施。今回はその調査結果から、「春ドラマで演技が光っている女優」ランキングを発表します。(サムネイル画像:『わたしのお嫁くん』公式Instagram(@oyome_kun)より)

エンタメ情報Webマガジン「TVマガ」を運営するWonderSpaceは5月17~19日の期間、10~50代以上の150人を対象に「女優」に関するWeb調査を実施し、6月19日、結果を発表しました。今回はその調査結果から、「春ドラマで演技が光っている女優」ランキングを発表します。

>12位までの全ランキング結果
 

第2位:波瑠


第2位にランクインしたのは、『わたしのお嫁くん』(フジテレビ系)で主演を務めた、波瑠さんでした。

このドラマは、雑誌『Kiss』で連載中の漫画家・柴なつみさんによるコミックが原作。波瑠さんは、会社の後輩で“家事力最強男子”の山本知博(演・高杉真宙)を嫁に迎える“ズボラ女子”の速見穂香役を演じました。波瑠さんを選んだ理由には、次のような意見が挙がりました。

「すごく清楚感を出しながら、汚部屋の住人というギャップの出し方が絶妙だと思います。それに、天然であざと可愛さを見せながらも、いざ恋愛に向き合おうとするとテンパってしまうところが、リアルにこの人モテそうだなと思ってしまいます」

「仕事はバリバリできるけど私生活では全くダメという正反対の姿を上手に演技されていますし、本当にこのような性格なのではと思わせるくらい自然な演技だと思います。相手役の人を魅力的に見せる女優さんです」
 

第1位:橋本環奈


第1位には、『王様に捧ぐ薬指』(TBS系)で主演を務めた橋本環奈さんが選ばれました。

漫画家のわたなべ志穂さんの漫画が原作となったこのドラマは、契約結婚から始まるラブコメディ。橋本さん演じる主人公の羽田綾華は、経済的に苦しむ家族を守るために、Hey! Say! JUMPの山田涼介さん演じる御曹司の新田東郷と契約結婚をすることに。最初は世間の目を誤魔化すためにラブラブ夫婦を演じていましたが、2人は徐々に本物の夫婦として人生を歩み始めます。アンケート回答者からは、以下の理由が寄せられました。

「主人公の役柄が周囲の女性に誤解されやすく嫉まれるくらいの可愛さを持ちながら、優しく思いやりのある一面がある役を見事に表現しているし、リアルに”こんな子いる”と思わせる演技は光っていると思います」

「『王様に捧ぐ薬指』、美人だけどかなり強気なキャラですが可愛いです。夫役の山田涼介さんとのやり取りとかも見ていて楽しいですし、胸がキュンとします。こういうどこにでもいそうな感じの女性を演じてもいいなと思いました」

「『王様に捧ぐ薬指』ではいろいろな表情を見せてくれるので今後さらなる躍進を遂げるのではないかと期待します。普段どちらかというと顔周りを隠す髪型が多かったので今回の役では耳やおでこを出している姿がみれてかわいいです」


※回答者コメントは原文ママです


>次ページ:12位までの全ランキング結果
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」